自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

魅惑のアジサイ寺!開成町あじさい祭りと大雄山最乗寺に出没してみる!!

 

f:id:aohige0718:20170531211823j:plain

 

 

 

こ~蒸し暑いとそろそろ梅雨入りかな~っと思わされる感じですよね~・・・。

 

 

一年の中で、一番嫌いな季節の到来ですが、上手く楽しみを見いだして乗り切りたいもんですよね!

 

 

6月のカレンダーを眺めていると、「国民の祝日」が全く無く、一年の中で一番シンプルな作りですよね~

 

 

去年から「山の日(8月11日)」が新たにできましたが、数年後には「雨の日」みたいな祝日を創設してくれたらな~っと思ってしまいます!

 

 

勿論、「6月6日」が雨の日には相応しいと思っているんですが、名目は何でも良いので休みを増やして欲しいですよね!

 

 

なんだか「ただ休みたいだけ♡」ってな感じに読み取れてしまうのが私の文章力の無さの賜物ですが、今日は、梅雨の時期の楽しみの1つである「アジサイの名所」をご紹介したいと思います!

 

 

ボチボチと「アジサイの開花情報」が聞こえてくる季節ではございますが、数多くあるアジサイの名所の中でもお気に入りの1つが、神奈川県にある「大雄山最乗寺」でございます!

 

アジサイの群落が凄く、も~「アジサイ寺」と呼んでも差し支えないと思います!!

 

 

f:id:aohige0718:20170531213753j:plain

非常に大きく荘厳な造りのお寺なんですが、「天狗伝説」をはじめ、色々と歴史もあり、見所満載な感じでございます!

 

 

f:id:aohige0718:20170531213848j:plain

※最乗寺より出典

 

境内も広く、一周するにもだいぶ時間が掛かる感じです。

 

 

神奈川でアジサイと言えば「鎌倉」を連想してしまう方が多いかと思いますが、「東は鎌倉」、「西は最乗寺」だと勝手に私は思っております!

 

 

ま~両方とも甲乙付けがたい!て感じでございます( ̄O ̄)ノ

 

 

「西は最乗寺」と書きましたが、それ以外にも「開成町のあじさい祭り」もあったりしますので、見頃の時期は凄い人手になったりします。

 

 

f:id:aohige0718:20170531214323j:plain

※開成町HPより出典

 

 

開成町のあじさい祭り」は、今週末(6月3日土)からスタートですので、アジサイと田んぼとのコラボを楽しいに多くの人で賑やかになると思います!!

 

駐車場も小さく、道が少し狭いので、車よりも公共交通の方が駐車場の問題もなく、スムーズに行けるかと思われます!

 

 

そんな感じで去年の写真になりますが、最乗寺のアジサイを載せたいと思います!

 

 

ちなみに、大雄山最乗寺の場所は、こちらになります!

 

 

<地 図>

スポンサーリンク
 

 

 

アクセスになりますが、最寄の駅が、大雄山線の終点である「大雄山駅」になるんですが、そこから最乗寺まで歩くとなると結構時間が掛かります。

 

 

雰囲気が良い道が続くんですが、坂道で嫌になってしまうと思いますので、駅からバスに乗り換えた方が良いかと思います!

 

新松田駅|箱根登山バス

※バスの案内になります!

 

大雄山最乗寺(道了尊)往復割引乗車券 |駿豆線・大雄山線

※こんな割引もあります!

 

 

6月20日前後に出没したんですが、も~見頃な感じでした!

 

 

f:id:aohige0718:20170531213430j:plain

仁王門までの道のりも、アジサイがモリモリで目を楽しませてくれます!

 

 

f:id:aohige0718:20170531213638j:plain

色とりどりのアジサイが植わっていて、早朝だったこともあり、静かに写真撮影をすることが出来ました(´∀`*)

 

 

人が多いと落ち着いて写真撮影も出来ませんから、朝早くの到着が吉だと思います!

 

 

今年の見頃も例年通り6月中旬から下旬にかけてかな~っと思われます!

 

 

境内のアジサイも素晴らしいんですが、特に、参道の脇に広がる群落が素晴らしく、アジサイの中を歩く感じで楽しめる感じです。

 

 

大雄山最乗寺は、少し標高が高い所に鎮座しておりますので、下界よりも若干、アジサイの見頃が遅くなります。

 

 

ですので、下界の開花の様子を見て、それから出没しても充分間に合う感じでございます!

 

 

雨が降る中、傘をさしながらアジサイ見物と言うの情緒があるような、面倒臭いような、濡れるのが嫌なような感じもしますが、この時期でないと見れない景色が有るのも事実ですしね!

 

 

梅雨の時期は、どうしても家の中で過ごす事が多くなりますが、重い腰を上げて雨に塗れて生き生きとしたアジサイ鑑賞で出掛けるのもアリかも知れませんよね!