自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

グローバル(GLOBAL)包丁レビュー!切れ味鋭く納得の日本品質!

f:id:aohige0718:20170707211203j:plain

 

 

 

 

先日、ウロウロしていると、学生時代にバイトをしていた中華料理屋のお店の前を通りました。

 

 

「店長元気にしているかな~」っと思いながら近づいていくと、お店がなくなっていて「マッサージ店」に変わっておりました。

 

 

飲食店の競争は激しいものですが、若い頃、お世話になっていたお店が無くなってしまったのは寂しい限りです。

 

 

オーナーをはじめ、店長にも大変良くして頂いたので、店を閉めた後は何をなさっているのかな~っと興味が尽きません。

 

 

オーナーや店長が、このマッサージ店を経営していたら色んな意味で面白いんですけどね!

 

 

二人とも怪しい感じがプンプンする風貌だったんですが、見ようによってはアジア系のマッサージ師な風格も併せ持っていたので、もしかすると「大当たり」するかも知れません。

 

 

なんだか分からない妄想が止まらない感じですが、私は厨房スタッフで簡単な料理を作るのを任されていたんですが、その時に使っていた中華包丁の切れ味の良さに驚いた記憶が残ってます。

 

 

中華包丁は結構重いので、上腕二頭筋を鍛えるのに重宝した感じでした!

 

 

若い頃に、切れ味鋭い包丁に慣れ親しんだことが影響してか、普段使う包丁も良く切れたものを使いたいな~っと思った結果、こんなのを使うようになりました。

 

 

名前は「グローバル(GLOBAL)」と言うステンレス製の包丁で、安定の品質を誇る日本製でございます!

 

 

包丁に限らず、刃物はなんでも日本製の日本品質に限りますよね~!

 

 

他のと比べてお値段は高いですが、長い期間使う事を考えれば、充分元を取る事が出来ますからね!

 

 

そんな感じで少し良い物を長く使いたいな~っと思い、色々探した結果、こちらの「グローバルの包丁」に辿り着き、購入してみる事に致しました!

 

 

グローバル(GLOBAL)の包丁を使い続けてはや8年くらいになるんですが、流石に切れ味は落ちてきました。

 

 

購入当初は、熟したトマトを潰すことなく綺麗に切れて感動したんですけどね!

 

 

本当に切れ味鋭く納得の日本品質!てな感じで、購入して大満足だった感じです。

 

 

100均で売っている包丁とは、比べ物にならないくらいの切れ味の鋭さです。

 

 

切れ味が落ちてきた時の為に、専用の砥石器も発売されているんですが、お店に持ち込んで、有償で砥いで貰う事も出来ます。

 

 

f:id:aohige0718:20170707161856j:plain

 

※グローバル(GLOBAL)HPより出典

 

 

 

包丁の種類によってお値段が違うんですが、だいたい1本1,000円で切れ味が復活する感じです。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

こちらが専用の砥石器が(シャープナー)なんですが、持ち込んで砥いでもうらうとの比較すると悩んでしまいますよね~・・・。

 

 

何でもそうですが、切れない刃物ほど怖い物はないですからね! 切れ味は申し分ないですし、ステンレス製ですので錆びる事もなく、8年使って錆びた箇所はございません。

 

 

f:id:aohige0718:20170707211848j:plain

f:id:aohige0718:20170707211900j:plain

 

 

持ち手の部分もステンレス製で衛生的で、写真の通り、小さな穴が無数についていて、それが滑り止めの効果になっております。

 

 

持ち手が「木材」の包丁が多いですが、どうしても洗いきれない隙間の所にカビが発生してしまうことがありますが、このグローバルの包丁なら、常識的に使っていればカビる事はないかな~と思われます!

 

 

普段から愛用している包丁なんで、グローバルの包丁を作っている会社ってどんな感じなんだろう!?と思い調べてみました。

 

 

会社名が、吉田金属工業㈱という洋食器を作るメーカーとして1954年(昭和29年)に刃物で有名な新潟県燕・三条地区で起業したそうです。

 

 

1983年に、今までの技術を詰め込んで製品として、刀身から柄までオールステンレス一体構造包丁の「GLOBAL」シリーズを発売し、今日に至っている感じでした。

 

 

60年以上続く会社であり、オールステンレス一体構造の包丁と言う新ジャンルを切り開き、開拓した素晴らしい会社ですよね!

 

 

経営者に先見の明が有ったのは勿論のこと、ステンレス一体構造の発想を実物として作り上げた確かな技術力があってこそですよね!

 

 

刃物の街、新潟県燕・三条と言う立地も、グローバルを作る上で大きく影響してそうですよね!

 

 

包丁も、上を見たらキリがないですが、グローバル包丁は、なんとか買える位の値段設定であるのも有難いですよね。

 

 

f:id:aohige0718:20170707161930j:plain

 

流石に包丁1本で2万円、3万円は出せませんしね~・・・。

 

 

切れ味は勿論のこと、スタイリッシュかつ日本品質で実用的な作りで、衛生面も問題ないかと思いますので、非常にお勧めな一本でございます!

 

 

色々な種類も発売されておりますので、自分の手の大きさや用途によって使い分けるのがお勧めでございます!

 

 

包丁は、毎日使う大事な調理道具ですから、少しこだわったアイテムを使って快適かつ安全に調理の時間を楽しみたいもんですよね!