自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

旨い天丼が食べたい!神田天丼屋(旧いもや)へ出没!昔と変わらぬ味

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170824164931j:plain

 

 

 

 ここのところ出張が多いもので、今日も都内をウロウロしておりました。

 

本日、有給休暇で休むつもりでだいぶ前に申請も出し、あとは休むだけだったんですが、どうにもならない案件が入ってしまい渋々の出社でございます・・・。

 

会社の組織の中だと「中堅」であり「中年のおっさん」でもあり「忠犬」な存在なのかもしれません(?)

 

昨日書いた日記の通り、精神的にもヘロヘロで肉体的にもベロベロ(?)なもので、少し休みたいんですけどね~・・・。

 

それこそ、さくっと先輩のお墓参りに行こうと画策中でございます。

 

そんな感じで、今日も東京神保町の近くに行く用事があり、昼食を何食べよう!と思いウロウロしたんですが、結局時間がなく神田駅で食べてきました。

 

たまには天ぷらでも食べて胃もたれしたいな~てな事で出没しようと思ったのが「いもや」と言う天ぷら屋さんでございます!

 

いもやは、非常リーズナブルなお値段なのにとても美味しい天ぷらを出してくれる神保町の名店でございます!

 

神田神保町で天ぷらと言えば「いもや」と答える方が多いんじゃないかな~と思ってます。

 

東京神田神保町は、「カレー」、「古本」、「登山用品店」ってイメージですが、大学が近くにある関係で飲食店が多く、ご飯食べるには便利な所だったりします。

 

渋谷も中々ですが、やっぱり神保町の方が登山グッツのお店が多く品揃えがエエ

 

そんな感じで、今回は行けれなかったんですが、近々出没しようと思っている天ぷらいもやの詳細になります!

 

冒頭の写真がちょっと微妙なんですが、中々の繁盛店なもので、時間かけて写真を撮る余裕がございませんでしたf^_^; 

 

ランチタイムにシコシコしていると怒られちゃいますしね。

 

おっさんは黙って食べて早く店から出よ!がランチタイムの暗黙の了解ですよね(笑)

 

 

店 名    神田天丼家(旧天丼いもや)

 

場 所    東京都千代田区神田神保町3丁目3−1−14 Jスペース31ビル

 

< 神田天丼家の周辺地図 >

スポンサーリンク
 

 

 

 

値 段   天丼 600円(味噌汁付き)

 

営業時間  11:00~15:00頃ランチ営業

 

定休日   日曜祝日

 

前回行った時は、平日の11:30頃に出没したんですが、既にお店は満員で「油をこよなく愛する中年様」で溢れておりました!

 

その後も行列が絶えず、14時頃近くに再度通ったんですが、まだ並んでおりました。

 

かなり混むお店ですので、時間に余裕を持って行かれることをお勧めいたします!

 

こちらの天丼以外にも「海老天丼850円」がありまして、とても美味しいので懐がコッテリな時は食べて欲しい感じです!!

 

単品でも追加注文できまして、海老200円、いか100円、きす100円。大盛中盛50円となっております。

 

個人的には「きす」を追加しちゃうことが多いですね~~!!

 

ウフフ♡な展開になった時に、おねーちゃんにも「追加注文」できたら安上がりなんですけどね~(?)

 

それにしても、街を歩けば天ぷらチェーン店が多く参入し、競争が激しいですが、昔から続くこのようなお店が頑張ってくれている事は嬉しい限りですよね!

 

お値段も天丼600円!ってのが、親方の心意気を感じますし、私みたいな貧乏サラリーマンにとってはどんなに励みになる事が・・・。

 

値段が値段なんでアレですが、油はたぶん普通の奴だと思います。

 

調理の様子を見れるので覗いてみたんですが、油がさほど濁ってなかったんで、定期的に交換しているんだろうな~って感じました。

※黒く酸化した油ほど体に悪いものはないですからね~

 

肝心の天丼の内容は、海老、イカ、キスと野菜で、シジミのみそ汁がつきます。

 

海老が小ぶりなもので、プリン体が大好物の私にとっては少し物足りない感じだったんですが、丼汁も甘すぎずキリリと辛口で、良い塩梅で五臓六腑に沁み渡る感じでした(´∀`*)

 

わがままを聞いてくれるなら、「米硬め、油多め、味濃い目」みたいな感じでどっかの ラーメン屋さんみたいに選択できると良いのにな~って思った誰かさんでした!

 

大好きなキャラクターが「アナゴさん」なんですが、もっと露出を増やして欲しいな~といつも日曜日の夕方に思っているんですが、こちらの天丼にも少しで良いので参加させてくれたらな~~と、思ってしまいます(笑)

 

きっと、揚げたての熱々を食べたら、唇や鼻の形があんな風になっちゃうんでしょうね~♪

 

あんな特徴的な顔になってしまうのは考えものですが、アナゴ好きで一本眉毛な私にとっては「追加の一品」であればな~っと思ってしまいました。

 

また、こちらは「立ち食い」になっておりまして、ノンビリ食べるところではございません。

 

それこそ、中年のおじさんは、黙って食べて早く出ろ!精神が必要なお店になっております。

 

圧倒的に男性比率が高いんですが、それでもチョコチョコと女性ファンもいるみたいで、出没すると必ずお見掛けします。

 

 

明日も暑くなる一日みたいですが、弱った胃袋をさらに弱らせたい!と思っている少しMな方にお勧めしたい神田の天ぷらの名店「神田 天丼家(旧いもや)」でした!