自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

伊豆の名瀑 河津七滝に出没!伊豆旅行で外せない癒しのスポット!

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170911203412j:plain

 

 

 

よ~やく土・日曜の両方晴れて、お出かけされた方も多かったんではないでしょうか。

 

しばらく「伊豆半島特集」な感じの記事を連発しておりますが、今日も変わらず書いてみたいと思います!(笑)

 

先日、伊豆旅行で出没した「一碧湖」、「城ヶ崎海岸」から近い所に「伊豆の名瀑 河津七滝」と言う観光名所ございます!

 

とても雰囲気の良い滝が数多くあり、個人的に河津七滝は好きな伊豆の名所の1つです。

 

伊豆旅行で外す事のできない癒しスポットの1つかな~と思っております!

 

 

www.anzairen.com

※先日出没した伊豆半島にある「一碧湖」の記事になります!

 

www.anzairen.com

 ※今回の河津七滝の近くで営んでいる出合茶屋名物のわさび丼の記事になります!

 

www.anzairen.com

 ※伊豆の名勝地「城ヶ崎海岸」に訪れた時の記事になります。

 

過去に1度、出没したことがあるんですが、相当昔の事ですので、久しぶりに滝に癒されたくなり「河津七滝」に出没してみました!

 

滝もさることながら、入口の近くで営んでいる「出合茶屋」の「わさび丼」が主な目的だったんですが、ま~近くに来たなら寄らなきゃ損ですよね!

 

ちなみに「河津七滝」と書いて「かわづななたき」と呼んでしまいますが、正確には「かわづななだる」と呼びます。

 

「滝」の字を「「だる」と読むのは、昔の方が滝の事を「垂水」と呼んでいたのが訛って「だる」となったと言われております。

 

私の地元に鎮座する「丹沢山塊」にも多くの滝があるんですが、一部の滝の名前に「棚」とつく事があります。

 

河津と同じように、「滝」の事を「棚」と呼んでいた名残みたいで、「本棚」、「下棚」等の名前で残っております。

 

少し話が逸れてしまいますが、丹沢山塊独特の呼び方なのか、「沢」の事を「洞」と呼んだり、「山(山頂)」を「丸」と名付けられていることが多いです。

 

土砂崩れが多い地形に「蛇」と言う漢字がつく地名が多いのと一緒で、昔から何かいわれがあるのかも知れませんよね~

 

丹沢のお隣の奥多摩山塊では、「洞」、「丸」、「棚」は見聞きしないがまた不思議でございます。

 

話が脱線してしまいましたが、今回訪れた「伊豆 河津七滝」は、こんな場所にございます!

 

< 伊豆河津七滝 地図 >

スポンサーリンク
 

 

 

 

まずは、河津七滝の起点になる無料駐車場の様子です!

 

f:id:aohige0718:20170911203507j:plain

50台前後は停めれるかと思います!

 

写真の通り、お店(飲食・お土産等)がありまして、こちらで休憩することもできます!

 

写真には写ってないんですが、正面右手に綺麗なトイレもあります!

 

河津七滝へ行くには、写真右方面になります!

 

f:id:aohige0718:20170911203723j:plain

河津七滝の入口に案内板がありますので、こちらを参考にどこまで行くかを考えてください。

 

全部の滝を見ようと思うと、結構な距離になってしまいます。

 

そんな感じで、こちらが河津七滝の写真になります!

 

f:id:aohige0718:20170911203904j:plain

遊歩道が整備されておりまして、 滝までだいた往復3kmくらいの道のりになります。

 

渓谷の雰囲気モリモリの中を緩々と登っていくんですが、マイナスイオンを浴びながら色々な滝を見ることができます!

 

遊歩道の途中にトイレ・自動販売機もあるので老若男女安心して歩くことができると思います。

 

特に危ない所もありませんが、そこそこ歩きますので、できたらスニーカー程度の足回りで出没されたほうが良いかと思います!

 

そんな感じで、こちらが河津七滝の初景滝になります!

 

河津七滝の大滝に次ぐ名瀑かと思います!

 

f:id:aohige0718:20170911203946j:plain

 

f:id:aohige0718:20170911204015j:plain

 

 

 

滝周辺は、冷たい風が吹きぬけ、少し寒いくらいでした。

 

滝の飛沫が心地良く、マイナスイオンの効果か、なんだか私のイケメン指数がモリモリと上昇してしまいました!!

 

f:id:aohige0718:20170911204050j:plain

 「そんな顔色の悪い男よりも私と付き合おうよ!」と、叫びたくなってしまいました(笑)

 

そんな感じで気になる「うなじのアップ」でございます!

 

f:id:aohige0718:20170911204338j:plain

 

 

え???おまえ、ツボを心得ているな!?

 

え???うなじのアップの写真を撮るほどのサービス精神旺盛なキモイおじさんを見たことがない!

 

 

コアなファンのためにも、これからも誰も取り上げないニッチ(隙間)な世界を大事にしたいと思います(笑)

 

え~うなじはさておき、こちらの滝近くに「伊豆の名水河津七滝の水」という水場がありますので給水する事ができます。

 

 

f:id:aohige0718:20170911204412j:plain

荷物になりますので、あまり多くの水を持参する必要はないと思います。

 

「河津七滝の水」は、冷たくて美味しいお水なので、是非飲んでみてください!

 

また、ここから先にも滝が続くんですが、急勾配でつづら折りの階段を登らいといけないので、足腰弱い方はここまでされたほうが良いかと思います。

 

最後の滝から出発した中小上まで戻るのも大変ですしね。(バス移動になります)

 

河津七滝巡りは、ハイキングにはうってつけですので、近くにお寄りの際には、足を運んでみるのもありかと思います!

 

河津桜とセットとすれば、十分伊豆の1日を満喫できるんじゃないかな~と思います!

 

これからは紅葉の季節ですし、滝と絡めて日本の秋を楽しみたいものですよね!