自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

横浜の蕎麦の名店!平沼 田中屋に出没!老舗の蕎麦を堪能してみる!

スポンサーリンク

 f:id:aohige0718:20171002203242j:plain

 

 

 

週末は、久しぶりに快晴のお天気でしたが、金曜日から体調がおかしくなり、大事をとって好きな山登りには行かず「横浜」へ出没してみました!

 

結果、横浜に出没したら更に体調が悪化してしまい、咳と鼻水がダラダラになってしまいました(>_<)

 

日曜日は「半魚人」みたいなエラ呼吸になってしまったんですが、高熱があるわけでもないので体を動かせてしまい、それが治りが遅い原因かも!?と思っている今日この頃です。

 

喉が痛く咳と鼻水が出る症状なんですが、悪化するとお腹の具合まで悪くなるそうなので、皆様も体調には十分注意して下さい!

 

そんな流行病に冒されながらも横浜に行ったんですが、調子が悪いのにお腹が空くといういつものパターンとなり、栄養が豊富そうな「お蕎麦」を食べようと行きつけのお店に出没してみました!

 

横浜には、多くの蕎麦の名店がひしめいておりますが、その中でも美味しいお蕎麦を出すお店の上位に入るのではなかろうかと思っているのが「平沼 田中屋」でございます!

 

横浜の蕎麦の名店!と呼んでも良い平沼 田中屋は、横浜の平沼橋の近くにあるお店なんですが、横浜駅から歩くとなると、15分くらい掛かってしまう場所にございます。

 

横浜駅から少し離れているので行くのが大変なんですが、それでも蕎麦を食べに出没したくなる魅力が溢れるお店でございます!!

 

そんな蕎麦屋である平沼 田中屋ですが、場所が大変分かり難いので、地図を添付したいと思います!

 

 

< 平沼 田中屋 地図 >

スポンサーリンク
 

 

 

 

正直に申しますと、地図を見ただけではお店の場所が分からんと思われます・・・。

 

初めてお店に行こう思い地図を見ながら向かったんですが、途中から道に迷ってしまい中々辿りつけず、お腹は減るし店はないしで大変だった事を記憶しております。

 

女性限定にはなりますが、「一緒に連れて行ってあげるサービス」を提供しておりますので、奮ってご応募下さい!

 

蕎麦好きで少しお金を持っている女性をお待ち申しております!(笑)

 

なんだか胡散臭い臭いがしてきましたが、場所が少し分かり難い「穴場的」なお蕎麦屋さんなんですが、お店の概要といたしましては、こんな感じになっております。

 

 

営業時間

 

 月~土  11:00~22:00(ラストオーダー: 21:30)

 

祝 日  11:00~21:30(ラストオーダー: 21:00)

 

定休日 

 

日曜・第3月曜(祝日、12月は営業日)

 

f:id:aohige0718:20171002204416j:plain

お店の入口はこんな感じになっておりまして、食品サンプルの出来も素晴らしく、これを見ながら白飯一杯はいけると思います(笑)

 

 平沼田中屋は、1920年創業の歴史あるお蕎麦屋さんなんですが、とにかく場所が分かり難くいお店なんですが、それでも多くの蕎麦好きが訪れる名店として、12:00頃に行くと間違いなく待たされます。

 

今回、11:30前にお店に到着したんですが、既にホボ満席の状態でした。

 

お急ぎの場合は、開店直後に行くのがベターですので、朝飯の時間を早めにして訪れてみてください!

 

そんな大繁盛の平沼田中屋ですが、今回食べたのがこちらになります!

 

 

f:id:aohige0718:20171002203326j:plain

ざる蕎麦と天丼のセット(蕎麦大盛り)で、お値段1,328円(税込)になります!

 

今回、初めて天丼のセットにしてみたんですが、大きな海老が1尾と、カボチャ、茄子、獅子唐が入っていて、中々のボリュームでした!

 

 

f:id:aohige0718:20171002203350j:plain

お蕎麦さんの丼物のセットの場合、どうしても量が少ないお店が多いですが、こちらの平沼田中屋の丼物はボリューム満点で満足できると思います!

 

丼汁も適度に辛味があり、お米との相性も抜群で、美味しい天麩羅でした。

 

特に海老の天麩羅は絶品で、食べ応えのある大きさでプリプリとした弾力も有って満足度が高いかと思います!

 

残念な点としては、丼汁が丼の周りに少し付いていてベトベトしていたのと、若干、海老の生臭さが少し残っていたところになります。

 

忙しいと、丼に付着した丼汁まで気づかないことが有るのは分かるんですが、個人的には結構なマイナスな要素だと思っております。

 

昔、中華料理店でアルバイトをしていたんですが、お客様に提供する「器の綺麗さ」についてはよく注意を受けました。

 

中華料理は、油を多く使いますので、油で器がベトベトにならないよう最新の注意をしていたのが今では懐かしい青春の1ページでございます(´∀`*) 

 

厨房もそうですが、もしかするとホールの係の人も忙しくて注意が足らなかったのか!?と思った次第です。

 

そして海老の方も、天麩羅の衣と丼汁が絡まっていても少し臭みを感じれたので、処理が甘かったのかな!?と思ってしまったんですが、それを差し引いても完成度は高めの天丼でした。

 

肝心のお蕎麦の方ですが、ツルツルシコシコで大変美味しかったです!

 

蕎麦の風味も残っていて、汁との相性も抜群でございます! 蕎麦の量につきましては、「大盛り」にしないと私世代の男性だと少し物足りないかな~と思います。

 

付け合せの漬物も丼物との相性もよく、味噌汁も優しい味でした!

 

個人的にお勧めなのが、裏横カレーせいろと裏横浜カレーうどんになりまして、きざみ鴨せいろも味わい深くて大好きな1品になります!!

 

 

f:id:aohige0718:20171002204059j:plain

 お店の入口の写真なんですが、「きざみ鴨せいろ」の旗がモリモリ立っておりました!

 

ちなみに、こちらの「きざみ鴨せいろ」は、平沼 田中屋の登録商標になっております。

 

よ~は「元祖 きざみ鴨せいろ」ってな意味でございます!

 

横浜といえば「カレー」が有名でしたが(過去にカレーミュージアムがあった)、それと関係有るのかどうか分かりませんが、非常にカレーが美味しいお店でございます!

 

お蕎麦が食べられない方には「カレーうどん」もありますし、色々な丼物も充実してますので、昼食・夕食に選べば間違いないお店でございます。

 

個室がないのが残念なんですが、日本酒や焼酎の種類も多く、鴨を肴に一杯やるには最高のお店だと思います♡

 

席の予約も出来るみたいですので、それなりの方を食事に連れて行くときに重宝しそうなお蕎麦屋さんかな~と思っております!

 

平沼 田中屋の近くには、横浜の蕎麦の名店として名高い「角平横浜」も近くにありますので、また付近を通ることがあれば、どちらかのお店に出没したいな~と考えております!