自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

バイクの防寒対策に!暖かいハンドルカバーレビュー!おじさんライダーに降格!?

スポンサーリンク

 f:id:aohige0718:20180109224220j:plain

 

 

  

 

今年は冷え込みが厳しく、前々から購入するかどうか迷っていたバイク用の「ハンドルカバー」をついに買ってしまいました!

 

ハンドルカバーを装着したバイクの姿が非常にダサく、これに手を出したらある意味終わりだと思っていたのですが、寒さには勝てず・・・。

 

私も気付けば今年で39歳・・・。

 

も~寒さが骨身に沁みてしまい、一度冷えると中々温まらない状況でして、まさに寄る年波には勝てない状況でございます・・・。

 

あまりの寒さに「モモヒキ(ズボン下)」に手を出した時の屈辱感を、今でも忘れることが出来ないのですが、今回の「ハンドルカバーデビュー」した時も同じような気持ちになってしまいました。

 

こ~やっておじさんの自尊心は、1つずつ崩れていくのでしょうね~・・・。

 

ただ、プライドだけでは食べて行けないのも事実ですし、なによりダサいけど暖かいです。

 

残念ですが、理想よりも現実路線に力を入れようと思った今日この頃でございます!

 

そんな感じ話はこれで終ってしまうのですが、折角買ったバイクのハンドルカバーですので、今日はそちらをレビューしたいと思います!

 

多分、私と同じようにハンドルカバーのデビューを躊躇っている中高年が多いと思います。

 

そんな皆様の心のモヤモヤを解消できたら幸いでございます!

 

先に結論を書くと、私の味わった屈辱感を、バイクのハンドルカバーデビューを躊躇っている方にも味わって欲しいもので、購入を促すように書いていきますので、そのつもりで臨んでいただけたら幸いです(笑)

 

財布の紐が少しは緩んだと思われますので、バイクのハンドルカバーについて書いていきたいと思います!

 

ハンドルカバーってなに?

バイクに乗らない方には縁が無いかと思いますが、バイクのハンドル付近に大きな手袋のようなものを装着しているのを見たことないでしょうか?

 

個人的には、「おじいちゃん」、「おばあちゃん」が運転している原付バイクにハンドルカバーが装着されている割合が高いような気がいたします。

 

また、「新聞配達のバイク」、「信金さん(金融機関)のバイク」、「少しくたびれたオジサンが運転しているバイク」にハンドルカバーの装着率が高いかな~と思います。

 

購入したバイク用ハンドルカバー

バイクのハンドルカバーは、こんな感じのアイテムになります!

 

 

f:id:aohige0718:20180109224516j:plain

これだけ見ると、なんだか分からないですよね~

 

ボクシングで使うアイテムにも見えるような見えないような感じですよね。

 

そして、今回色々と迷いながら購入したバイク用のハンドルカバーがこちらになります!

 

 

購入したハンドルカバーの名前が、コミネ(Komine) バイク用ハンドルカバー サーモライト(R)ハンドルウォーマー ブラック フリーと言いまして、バイク用品ではかなり有名なメーカーになります!

 

そして、非常に迷ったハンドルカバーがこちらになります!

 

 

 

同じコミネ製なのですが、サーモライトよりもお値段が若干安く、どうしようか非常に迷ったのですが、私の周りに同じ物を装着している方がいるので、今回は止めておきました。

 

 

「俺の真似をするんじゃない!このストーカー変態野郎め!!」

 

 

と、思われてしまうと悲しくなってしまいますしねf^_^; 

 

 

 

ハンドルカバーの装着のやりかた

下記写真の通り、バイクのハンドルにカバーを通して、2つのマジックバンドで留める形になります。

 

f:id:aohige0718:20180109225013j:plain

装着が簡単ですので、作業時間は、左右で10分掛かりません。

 

ハンドルカバーをバイクに装着したのがこちらをの写真になります!

 

 

f:id:aohige0718:20180109225054j:plain

 存在感が結構ありますが、装着自体は非常に簡単です。

 

ただ、マジックバンドで留めているだけですので、盗難の恐れがあります。

 

簡単に取り外しが出来る分、盗まれるのが怖いな~と思っておりますが、あまり盗むような輩もいないでしょうけどね。

 

ハンドルカバーのレビュー

非常に暖かいです!

 

ただ、非常にダサいです(笑)

 

しかし、ハンドルカバーの表面に「蛍光処理」がされてますので、視認性も向上して安全性も良くなるかと思われます!

 

0度くらいの温度の中でバイクを運転していると、ウインター用手袋をしていても、30分くらいには手が冷たくなり、感覚がなくなってしまいますが、こちらのハンドルカバーをしていればそこまで冷たくなりません。

 

流石に素手での運転は無理ですが、薄手の手袋や軍手だけで十分暖かいです!

 

厚手の手袋でバイクの運転をしていると、どうしても作業性が悪くなり、ウインカーを出すのも一苦労ですが、こちらのハンドルカバーなら操作性が格段に良くなります!

 

私のバイクは、ホンダPCX125なのですが、若干、ウインカーと干渉して操作し難い部分もありますが、ま~許容範囲かな~慣れの問題かな~と思っております。

 

 

f:id:aohige0718:20180109225410j:plain

そして写真の通り、ハンドルカバーの中に「カイロポケット」が上部に付いてまして、まだ使ってはいないのですが、寒い中での長距離運転で助かるだろうな~と感じております。

 

 

f:id:aohige0718:20180109225436j:plain

そこそこ大きなカイロをいれる事が出来ると思います!

 

 

また、手の甲の外側の部分にも小銭などが入るポケットが付いております。

 

f:id:aohige0718:20180109225519j:plain

マジックテープになっているので出し入れがしやすいと思います!

 

料金所でお金を支払う事も少ないですが、想定される場合に重宝するだろうな~と思われます!

 

少し残念な点としましては、若干、冷たい空気がカバー内に進入してきます。

 

ハンドルを覆うように装着がなっているので、どうしてもカバーとハンドルの隙間が出来てしまい、そこから外気が入ってきます。

 

布か何かで隙間を塞いでしまえば解決するかな~と思われますので、今度時間が有るときに調整してみようと考えております。

 

そして、ハンドルロックをした状態でメットインを開けると、ハンドルカバーが邪魔をして全開にあける事が難しいです。

 

これも慣れの問題だとは思うのですが、荷物が多い時はチョッと面倒臭いかな~と思います!

 

まとめ

ハンドルカバーの見た目が好きになれず、かなり敬遠していたアイテムなのですが、実際に使ってみたら非常に暖かく驚いております!

 

これならもっと早く「おじさんライダー」としてデビューすれば良かったと後悔すらしております。

 

まだまだ寒い日が続きますが、見た目にこだわらず実益を取る事こそが「紳士・淑女のたしなみ」かと思いますので、「嫌よ嫌よは好きのうち」の精神で、是非、ハンドルカバーデビューをして欲しいな~と思っております!

 

オジサン化が止まらない私ですが、そんな私の事を愛してくれる女性がいましたらご連絡下さい!

 

愛の逃避行の時にも大活躍するであろうハンドルカバーですので、バイクの寒さ対策にこれからも愛用したいと思います!