自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

尾瀬の紅葉と湿地の草紅葉に思いを馳せ!至福の木道歩き

尾瀬の紅葉と湿地の草紅葉

 

 

尾瀬の紅葉と湿地の草紅葉について

 

尾瀬と聞くと「水芭蕉」や「ニッコウキスゲ」の花が有名ですが、個人的には秋の紅葉の時期も素晴らしい景色が広がり大好きな世界が広がっております!

 

尾瀬は標高が高いので、紅葉の旬の時期が早いのですが、今回出没した時期は「草紅葉」が色づいていた状況でした。

 

木々の紅葉は、少し早い感じだったのですが、それでも秋の景色を見ることができて大満足でした!

 

尾瀬の場所について

 

 

そんな尾瀬ですが、名前は聞いた事があるものの、正確な場所がイマイチ分かり難いかと思いますので地図を添付したいと思います!

 

群馬県と福島県の境付近に広がる広大な湿地帯になります!

 

尾瀬は、昔「ダム」の計画があったそうすですが、地元の方達の反対によって回避できたそうです。

 

雄大な自然が残る尾瀬ですが、実は非常に危ない橋を渡って、現在に至っている感じです。

 

そんな情報に触れてしまうと、「尾瀬を守ろう!」と、決意を新たにしちゃいますよね!

 

尾瀬の紅葉と草紅葉・木道歩きの写真について

 

尾瀬木道湿地の景色

 

尾瀬といったら忘れてはいけない「木道」と湿地の景色ですよね!

 

観光客多く押し寄せる日本最大級の1つである湿地ですが、人が多いところが苦手な私でも、何故か尾瀬に関しては結構寛容だったりします。

 

尾瀬でないと見れない景色がモリモリありますし、空気や水が綺麗で本当に癒されます!

 

 

真っ赤に燃える紅葉と木道燧ヶ岳

 

 真っ赤に燃える紅葉と木道、堂々と鎮座する「燧ヶ岳」が絵になりますよね!

 

紅葉の時期の尾瀬は、本当に素晴らしいです!!

 

冒頭でも記載してまずが、尾瀬といったら水芭蕉や、ニッコウキスゲの群落も見事ですし、春の新緑、秋の紅葉も絵になる景色ですよね!!

 

尾瀬の木道について

 

尾瀬の木道の大部分の管理をしているのは「東京電力」になります。

 

広大な尾瀬ですので、木道の管理だけでも相当なお金が掛かっていると思います。

 

そんな木道ですが、基本的に平坦な道が続きますので、ハイキング感覚で歩けるのも尾瀬の魅力の1つではないかと思っております!

 

尾瀬は、東北地方最高峰の「燧ヶ岳」と「至仏山」に挟まれた所にありますが、天気が良ければ両名山を見る事が出来ます。

 

今回、尾瀬に出没した時も天候に恵まれ、「燧ヶ岳」、「至仏山」両山ともに見る事が出来ました!

 

尾瀬は、ある程度観光地化されておりますので、交通の便もよく、東京からバスの直行便もありますので、マイカーでなくても訪れる事が出来ます。

 

気づけば紅葉も既に散り、気温の方も真冬に突入な感じなってきましたが、今で撮った写真を整理しながら、一年の行動を振り返る時間も中々良いもんだな~って思っております。

 

尾瀬に行く前にあった出来事について

 

尾瀬から話が急に変わってしまうのですが、顔に似合わず健康志向なもので、毎日少量ながら「野菜ジュース」を飲んでいるんですが、在庫が切れたんで近くのスーパーで購入しようと訪れ時です。

 

何時も買っている銘柄が少し値上げになっており、なんだか聞いたことの無いメーカーの値段が「驚きのプライス!」だったもので、ついつい浮気してソッチを買ってみました。

 

今日の昼に「デビュー」したんですが、いや~・・・

 

思わず「なんじゃこりゃ~!!!マズイ!!もう結構!!!!」

 

と、唇が梅干の種な感じに叫んでしまいました(笑)

 

いや~本当に梅干の種と言う表現が一番当てはまる感じなんですが、こりゃ~買って損したな・・・どうしよう!?って感じでした。

 

なんでもそうですが、ヤッパリ安いのには訳があり、上手い物にも訳がある!ってところですかね。

 

そして、一時の快楽に溺れて「浮気」すると、エエ事はないよね~って思わされるマズイ野菜ジュースでした(>_<)

 

も~書かずにはいられない!って事で、記載してしまったんですが、尾瀬の景色は裏切りませんので、また出没したいな~と思った瞬間でした(?) 

 

まとめ

 

毎日色々と起こりますので、ドンドン古い情報が忘れてなくなってしまいますが、写真を見ると一気にその当時の事を思い出すことが出来て良いですよね!

 

忘れてしまった感動を呼び起こしてくれますので、写真撮影って本当に楽しいよな~、過去の時間に戻れてあの時の感動に浸れて良いよな~って思い、今でも続く趣味の1つになっております!

 

尾瀬の方も、また来年いけたらな~って思っている今日この頃です。

 

何度も出没したい、写真撮影に持って来いの尾瀬の自然でした!