自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

オーストリア ウィーン旅行!建国記念の日の意味に思う事。

オーストリアのウィーンスタンドグラス

 

 

 

建国記念の日の意味について

 

よ~やく風邪が治ってきたんですが、今度は花粉症なのか、なかなか本調子に戻りません(>_<)

 

1月末から決算作業でアレなんですが、マメに更新をしようと書き溜めて来た記事が底を尽き、少し焦っているところですf^_^;

 

よ~やく明日は休めるので、休息を兼て1週間分の記事を一気に作ろうかと計画中です!

 

ま~計画倒れになりそうですけどね(笑)

 

そんな感じ話が逸れますが、今日は「建国記念の日」です!

 

よく「建国記念日」と呼んでいる方が居りますが、正確には「建国記念日」でございます。

 

何を持って「建国」にするかは国によって違いますが、我が国は初代天皇である「神武天皇の即位の日」を以て制定しております。

 

その日は、旧暦の1月1日になります。

 

あまり大きな声では言えませんが、初代~15代より前の歴代天皇は、「日本神話」の世界の話になり、存在が少し疑わしいと言われております。

※12,3代より前が怪しいと言っている学者さんもいるみたいです。

 

ただ、15代以降は確かに存在し、その辺からは揺ぎ無い感じになっております。

 

ただ、違う人間と入れ替わっているのではないか!?ってな天皇も居るので、そこは触れてはいけない部分なのかも知れません。

 

若い頃、色々と「天皇」について調べた事があるんですが、結果「良く分からん」になりましたf^_^;

 

それでも「歴史」が好きなもので、その辺については今も興味がある感じです。

 

ただ、「日本神話」って、なんで義務教育でやらないんだろ?と思ったのが今でも鮮明に覚えております。

 

自分の生まれ育った国の「建国の顛末」を知らないのっておかしいと思いませんか???

 

なにか意図があるのか!?

 

それとも科学的に解明できていない部分があるからなのかは分かりませんが、それでも知識として知るべきことではないのかな~って個人的には思います。

 

ま~なんで義務教育で教えないのか!?は、その後、色々な情報に触れ調べた結果、自分なりに噛み砕き、よく理解できているんですが、中々そこまで辿り着いていないかもたいらっしゃるのではないでしょうか。

 

知らない内に、そして上手く日本人の目と耳を塞ぎ、モヤモヤ~の中に置き去りにするやり方には、「敵ながら天晴れ!」と賛辞を贈りたい感じです!!

 

オーストリア ウィーン旅行について

 

え~~~話がだいぶアッチコッチに富んでしまいましたが、今日は先日から記事にしているヨーロッパに行った時の写真の紹介をしたいと思います!

 

今回は、オーストリアのウィーンに出没した時の写真になります!

 

オーストリアのウィーンは、ヨーロッパの中でもメジャーな国の1つですので、位置関係は大丈夫だとは思いますが、念のため地図を載せてみます!

 

ウイーン周辺地図

 

 やっぱり、カタカナ名の地名ばかりで、目がチカチカしてしまいますよね~

 

無性に漢字を欲してしまいますが、「フェーレンベルゲ自然公園」が目に潤いを与えてくれる感じでした(笑)

 

多分、今回のオーストリア旅行では出没していない公園だと思います。

 

ウィーン旅行と市街の写真について

 

オーストリアウイーンの街並み

 

こちらはオーストリアウイーンの街並みなのですが、こんな家に住めたら最高ですよね(´∀`*)

 

掃除がとても大変そうですが、個人的にはビールよりもワインをグビグビとやりたい雰囲気に感じました!

 

 

馬車

 

頼んでいないのに、私の前にゾロゾロと馬車が集まってきました。

 

1メーター幾らですか?と、流ちょうな日本語で聞いたんですが無言でした。

 

多分、初乗り410円かな?(笑)

 

スイカでお願いします!って感じでした(?)

 

 

ウィーン広場大きな時計

 

ウィーンに訪れたら是非、見ていただきたい大きな時計になります!

 

こちらの時計がすぐれもので、日の出・日没時間も分かるそうです。

 

高度な文明を持っているのに、なぜ初乗り410円と言えんのか!って感じになりました(笑)

 

冗談はさておき、非常に緻密に出来ていて、ズ~~っと時計を見入ってしまいました。

 

多分、これが恋ってやつなんだと思います♡

 

 

オーストラリアのウィーンにある日本領事館

 

記憶が定かでないんですが、こちらが確かオーストラリアのウィーンにある「日本領事館」だったような・・・

 

いや、ただのホテルだったような・・・

 

も~昨日の夕飯は何食べたか思い出せない脳ミソなんで酷な話ですよね(笑)

 

まとめ

 

ウィーンは、「音楽の都」と言われておりますが、まさにその通りで、大きな道路もさることながら、小さな道でも楽器を演奏している方が居て、本当に音楽に溢れておりました♬

 

日本の心である「岸壁の母」を熱唱して応えようかと考えたんですが、「日本の恥」と言われてはアレなんで、ここはグッと拳を握り締めて我慢した感じでございます!!

 

ヨーロッパの歴史も凄いですが、それとタイマンはれる位に我が国の歴史も凄いと思っております!

 

色々な文化に触れて、色々考え、そして自分を見つめ直す時間が旅行の醍醐味かな~っと思っております!

 

登山ばかりで久しく「旅行」をしてないので、ボチボチ何処かへ出没したいな~と考えている誰かさんでした!

 

オーストリアのウィーンは、治安も良く、とても魅力的な都市ですので、旅行にお勧めでございます!