自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

さわらびの湯に出没!埼玉の温泉も名湯で癒しの空間でした!

さわらびの湯

 

 

 

さわらびの湯について

 

今日は一段と寒かったですよね~・・・。

 

このまま寒さが続くと、来月辺りは凄い事になりそうですよね~

 

会社に出社すると、会社の水道が凍結してしまい、水が出なくて大変でした。

 

昼前には使えるようになったのですが、出てくる水が大変冷たく、危うく心臓の毛がモリモリ抜けてしまいそうになりました。

 

この水が温泉なら良いのにな~と思ってしまったのですが、この時期の温泉は最高ですよね!

 

少しのぼせたくらいに露天風呂に入れば、も~なんともいえない温度差で、心臓が止まりそうになりますしね!

 

あの刺激が大好きな誰かさんなのですが、今日は、先週出没した「さわらびの湯」について書いてみたいと思います!

 

「さわらびの湯」は、埼玉県の名栗湖の湖畔にある日帰り温泉施設になるのですが、なんだか舌を噛みそうな感じのお名前ですよね・・・。

 

活舌が悪い私には鬼門の様な存在の温泉ですが、さわらびの湯の詳細はこちらになります! 

 

 

さわらびの湯の温泉所在地・地図

さわらびの湯周辺の地図になります。

 

名栗湖・名栗渓谷の近くにある温泉になります。

 

さわらびの湯の駐車場・アクセス

駐車場は結構広く、全部で150台前後は停められます。(無料)

 

f:id:aohige0718:20180114213905j:plain

 温泉施設の目の前にある駐車場なのですが、写真の奥左側に停めれるスペースがありますので、「満車」になることはないかと思います。

 

バスでさわらびの湯へ来る場合は、飯能駅から路線バスがでております。

 

f:id:aohige0718:20180114214111j:plain

こちらの写真は、さわらびの湯バス停の時刻表になります。

 

さわらびの湯から飯能駅までは、バスで40分前後の道のりでして、バスの料金は大人618円(IC)になります。

※パスモ・スイカ等の電子マネーで支払い可能です。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

営業時間

10:00~18:00

 

終わる時間が早いのがネックですよね~

 

そして、この付近は標高が高く、日没前から大変冷え込みますので、バス停で待っている時間が非常に寒いです(>_<)

 

多分、バス待ちの時に湯冷めしてしまい、風邪をひいたのかな~と思われます。

 

定休日

毎月第一水曜日

※年末年始も休まず営業しているそうです!

 

入浴料金他

f:id:aohige0718:20180114214321j:plain

さわらびの湯に入口に小さく書かれておりますが、3時間の利用で、大人800円、小・中学生400円になります!

 

シャンプー、ボディーソープ、ヘアードライヤーは無料で利用できます!

ロービーにあるロッカーのみ有料で(100円)、それ以外が無料になっております。

 

さわらびの湯の泉質

f:id:aohige0718:20180114214521j:plain

熱気ムンムンのムラムラな感じの写真になっておりますが、源泉の温度が15.4度ですので、加温していることが分かります。

 

温泉の位置付け的には「鉱泉」になりますかね。

 

温泉と鉱泉の違いをご存じない方もいるかも知れませんが、基本、源泉の温度によって呼び方が変わります。

 

日本の場合、源泉の温度が25度未満の場合「鉱泉」になりまして、それ以上の場合は「温泉」と定義されてます。

 

しかし、鉱水1kgの中に定められた規定物質を一種以上含んでいれば「温泉」として呼ぶことが法律上可能なので、その辺が少し分かり難い分野になっております。

※外国によって、源泉の温度の基準が違いまして、アメリカの場合は21度前後が境界になってます。

 

そして、さわらびの湯はアルカリ性単純泉で、phは9.11になります。

 

アルカリ性単純泉は、肌がツルツルになりますので、「美人の湯」と言われることが多いです。

 

温泉の効能

アルカリ性単純泉ですので、筋肉痛・神経痛・関節痛に始まり、皮膚病関係(アトピー)や病後回復期・疲労回復に効果があるそうです。

 

さわらびの湯周辺には、登山に適した良い山が多くありますので、山登りを楽しんだ後に重宝しそうな効能ですよね!

 

さわらびの湯の特徴

小さいながら露天風呂とサウナがあります。

 

全体的にこじんまりとした内湯になっておりまして、洗い場も広い訳ではございません。

 

季節に応じて「りんご風呂」や特色のあるイベントを開催しているみたいです。

 

温泉の感想

温泉は無色透明でサラッとした感じです。

 

若干、塩素臭がするかな~と感じました。

 

phも9以上あり高アルカリ性なので、も~少し肌にまとわりつくようなネッチョリ感があるお湯かな~と思ったのですが、予想していた以上にサラサラとしたお湯でした。

 

お湯の温度も若干、高い感じですが、小さいながら露天風呂もありますので、外に出て開放的な姿で(?)クールダウンできるのが良い所かな~と思いました(´∀`*)

 

眼下に流れる川を見ながら

 

 

「桃でも流れてこないかな~」

 

 

と、マジマジと見ていたら湯冷めしてしまいました。

 

先週から、ど~も風邪気味で調子が悪いのですが、もしかすると「流れてこなかった桃のせい」かも知れません(笑)

 

桃が流れて来ないのはしょうがないですが、せめて「河童」が川から流れてくれば面白かったのですけどね~☆彡

 

また、サウナーもありますので、湯冷めした体を奮い立たせるのに重宝するかと思います!

 

ただ、私は毛がモジャモジャで毛根が多いのが災いしてか、サウナが苦手なもので入れないという致命傷がございます。

 

汗がムダ毛に絡みついてきて、なんだかphが高そうな感じになってしまいます(?)

 

え~良く分からない例えになってしまいましたが、入浴後の楽しみである休憩所での一杯ですが、大広間は広い作りになっておりまして、多くの入浴者がくつろぐ事が出来ます!

 

 

f:id:aohige0718:20180114220328j:plain

こちらが大広間になります!

 

机ばっかり写ってますが、結構広く、そして暖房もガンガンについていて非常に暖かい空間でした。

 

 

f:id:aohige0718:20180114220440j:plain

こんな素敵な感じの空間でマッサージ機を利用する事が出来ます(有料)

 

窓からの景色も中々良く、モリモリとリラックスできると思います!

 

 

f:id:aohige0718:20180114220609j:plain

お風呂上りと言ったら、忘れちゃいけないのがこちらですよね♡

 

持ち込みも可能ですので、なにか肴を持参したほうが良いかも知れません!

 

それにしても、喉がカラカラの時に飲む麦汁の旨さは格別ですよね~(´∀`*) 

 

これでお酌でもしてくれる女性が隣にいれば最高なんですけどね~・・・。

 

 

「ありがとう♡」

 

 

と、モミモミしながらお礼を述べて、あとは美味しく頂いてしまいたいものですよね~(?)

 

何時もの流れになってきましたが、さわらびの湯の残念なところは、「お食事処(軽喫茶)」が無いので、購入が出来ません。

 

 

f:id:aohige0718:20180114221052j:plain

お酒につきましては、自動販売機で購入可能になってまして、お値段は350mlで300円(ドライ)になっております。

 

飲み物を用意しなくて良いのは助かりますが、肴がないのは残念ですよね。

 

さわらびの湯の中に、お店がないことを知っていたので、食べ物を少し持ってきて大正解でした。

 

 

スポンサーリンク
 

温泉のまとめ

施設自体もまだまだ新しく、清掃も行き届いていて清潔感がありますので、その点もポイントは高いです!

 

店員さんも愛想が良くて、その点も良いな~と感じております。

 

さわらびの湯は、場所がチョッと辺鄙なところにありますので、それほど混みあうことはないみたいです。

 

さわらびの湯は、気張らずにサクッと入浴できる施設ですので、お近くにお越しの際は、是非温泉を堪能してみてください!