自由気ままにアンザイレン 

グルメ・温泉や使用した商品のレビューの雑記ブログです!

日帰り温泉風の湯で入浴!入浴料金・営業時間・定休日・お食事処・バナジウム温泉の詳細!

あさぎり温泉風の湯近くからの富士山の景色

 

 

 

日帰り温泉風の湯に出没した経緯

 

まだまだ寒い日が続きますが、先日富士五湖周辺でキャンプをした時に立ち寄った日帰り温泉施設である「風の湯」について今日は書いてみたいと思います!

 

なんだか隙間風が入り込んできて寒そうな名前の風の湯ですが、実際は、非常に温かく良い温泉でだいぶ癒されました!

 

私は、小さな頃から「オヤジ街道」を爆進中でして、物心をついたころから温泉が好きでした。

 

私の家族はあまり温泉が好きではなかったのですが、社会人になる前あたりから、箱根、熱海の温泉に時々しては癒されておりました。

 

そんな温泉好きな私なのですが、富士五湖周辺の温泉と縁が遠く、今回出没した風の湯がかなり久しぶりになります。

 

富士山周辺の温泉ですので、色々と効能があって体に良さそうなイメージがありますよね!

 

今回入浴した風の湯も、効能が素晴らしく、体の芯から温まる温泉でした!

 

そんな感じで、お世話になった日帰り温泉である風の湯について、掘り下げてみたいと思います!

 

風の湯の場所とアクセス、駐車場、料金、定休日について

 

<

 

こちらは、今回お世話になった日帰り温泉施設である風の湯周辺の地図になります!

 

地図のとおり、主要幹線道路である富士宮道路(国道139号線)から一本中に入った県道71号線沿線に風の湯はあります。

 

周辺にお店等はありませんので、近くを通れば直ぐにわかると思います!

 

風の湯には、無料の駐車場が整備されれてまして、50台前後は駐車できるスペースがあります。

 

結構広い駐車場ですので、満車で駐車できない事はないと思います。

 

 

風の湯の料金定休日営業時間一覧表

 

そして気になる風の湯の料金ですが、こちらが2つの値段設定がありまして、入店する時間によって異なっております。

 

営業時間は、10:00~22:00までになるのですが、夕方に入浴で使うとかなり割り引かれた値段になります。

 

大人の場合、10:00~17:00までの値段が900円、17:00~22:00は600円になっております!

 

子供の場合10:00~17:00までの値段が500円、17:00~22:00は300円になっておりますので、夕方の方がお得な値段設定になっております。

 

また、風の湯の定休日は毎週火曜日になっておりまして、12月29日~31日もお休みなります。

 

火曜日が祝日の場合は、翌日が定休日になります。

 

元旦を含む、お正月は、通常営業していたので驚いてしまいました。

 

 

あさぎり温泉風の湯の館内の様子について

 

あさぎり温泉風の湯に入浴

 

キャンプで冷えた体を温めるべく、あさぎり温泉風の湯に入浴してみたいと思います!

 

こちらのパンフレットが、店内にモリモリ置かれてました。

 

周辺の道の駅等にも置かれていると思われます。

 

 

17:00以降に入店したので、入浴料金が600円

 

今回は、17:00以降に入店したので、入浴料金が600円ですみました。

 

日帰り入浴の場合、1,000円越す温泉も多いので、かなり割安感がありますよね!

 

 

あさぎり温泉風の湯の館内の様子

 

こちらは、あさぎり温泉風の湯の館内の様子になります。

 

入口に入ると直ぐ左手が受付になりまして、そちらで入浴料金を支払うシステムになっております。

※発券機等はありません。

 

また、下駄箱は鍵付きですので、靴の盗難等も心配ないと思います!

 

中々綺麗な館内ですよね!

 

 

あさぎり温泉風の湯の館内の一角にお土産コーナーが設置

 

また、あさぎり温泉風の湯の館内の一角にお土産コーナーが設置されております。

 

風の湯の周辺は「朝霧高原」になるのですが、乳製品や野菜が有名なところになります。

 

生鮮関係のお土産は少なかったものの、漬物などの保存が利くものがお土産として売られておりました。

 

また、館内の隅に「本日の忘れ物」と銘打ったお値打ち品のコーナーがありました。

 

 中々美味しそうな物が忘れ物にあったので、ついつい持って帰ってしまいそうになりました。

 

多分、犯罪になるので持って帰るのを止めましたが、結構忘れ物が多かったので、利用者は注意したいものですね!

 

 

風の湯の洗面台

 

こちらが風の湯の洗面台の様子になります!

 

狭いながらもドライヤーもありますので、持参の必要はございません。

 

また、シャンプー、石鹸(ボディーソープ)も完備されてますので、そちらも持参の必要はありません。

 

タオル、ヒゲ剃り、歯ブラシなども、受付で販売してましたので、手ぶらで温泉を楽しむことが出来ます。

 

 

風の湯のお食事処のメニューと料金について

 

風の湯のお食事処のメニューと料金

 

温泉から出ると、なにやら美味しそうな匂いが充満してまいて、「何やつ???」と振り返ると、風の湯の刺激的なお食事処のメニューと料金が掲げられておりました。

 

静岡の富士宮焼きそばが目立つところに載っていて、興味津々な時間になりました。

 

600円の焼そばが安いのか高いのか良く分からなかったのですが、ヒレカツカレーが無性に食べたくなってしまった誰かさんでした!

 

風の湯のお食事処は、一品料理も充実してますし、ラーメン、そば、定食系も販売してましたので、十分食事をとることが出来ます!

 

風の湯のお食事処の様子

 

風の湯のお食事処の様子になります!

 

座敷になってまして、そこそこ広い感じでした。

 

勿論、お酒の販売もありました。

 

結構繁盛しているみたいで、多くのお客さんがお食事処を利用しておりました。

 

 

お食事処のとなりに自動販売機と無料の給茶機

 

お食事処のとなりに自動販売機と、無料の給茶機が置かれてました。

 

朝霧高原の牛乳なら嬉しい所ですが、残念ながら普通の牛乳でした。

 

バナジウム温泉風の湯の効能と休憩所の様子

 

あさぎり温泉風の湯の効能バナジウム温泉

 

あさぎり温泉風の湯の効能ですが、やはりパンフレットに記載されている通り「バナジウム温泉」が目玉になると思います!

 

水に気を遣っている方なら聞いたことがあるかと思いますが、「バナジウム水」が販売されていますよね!

 

バナジウムはミネラルの1つになるのですが、色々と効能があると言われております。

 

そんなバナジウムがモリモリ入っている温泉があさぎり温泉風の湯になります。

 

糖尿病でよく聞くインスリンと似たような効果があると言われているバナジウム水ですが、こちらは風の湯の売店でも売られておりました。

 

この効能を目当てに風の湯に訪れる方も多いと思われます!

 

 

風の湯で使われている温泉の効能表(成分表)

 

こちらが風の湯で使われている温泉の効能表(成分表)になります!

 

phは7.8になりますので、弱アルカリ性の温泉になります。

 

表示の通り、無味無臭の温泉になっておりまして、色も透明でした。

 

特にトロトロとした泉質でもなく、かなりサッパリとした肌触りになります。

 

効能表の横にも書かれてますが、やはり風の湯はバナジウム推しでございます!

 

近くに富士山もありますし、そのパワーを秘めているのは事実ですからね!

 

私の腹回りも、これくらいパワーを秘めていたら良いのですけどね~

 

 

風の湯には無料の休憩所

 

 バナジウムで癒された皆さまです!て、全然知らない人なんですけどね(笑)

 

風の湯には無料の休憩所がありまして、そこに少ないながらも漫画や本が置いてあります。

 

私もついつい謎の「手相占い」を読みふけってしまいました。

 

まだ、半分も読んでないので、また風の湯に入って続きを調べたいと思います!

 

まとめ

 

謎の手相占いの続きが気になり夜も寝られないのですが(嘘)、風の湯はこじんまりとした温泉ながらも露天風呂もありまして、それなりに楽しめる日帰り温泉施設になります。

 

無料で岩盤浴も出来ますし(かなり狭く1名限定かと)、サウナもありますので、一通り温泉を楽しむことが出来ると思います。

 

ただ、脱衣場が狭いので、入浴客が集中すると、汚い物体をぶら下げた裸のオジサン祭りになってしまいますので、その点注意が必要です。

 

ブンブン振り回しているオジサンのアレが私に当たりそうになり、チョット嫌な時間になってしまいました。

 

 風の湯周辺は、キャンプ場も多く、白糸の滝等の観光地もありますので、その帰りに寄ってみるのもアリかと思います!

 

また、機会作ってあさぎり温泉風の湯に出没したいと思います!

 

www.anzairen.com

少し場所勝ちがしますが、御殿場にあります「ごてんば市温泉会館」と、そちらから見ることのできるダイヤモンド富士について書いた記事になります!

箱根、御殿場アウトレットからも近い日帰り温泉施設なのでおすすめです!

 

www.anzairen.com

 富士山の景色が素晴らしい石割の湯について書いた記事になります!

富士五湖の1つである山中湖の湖畔にある日帰り温泉になりまして、石割の湯もおすすめしております!

 

www.anzairen.com

風の湯の近くで営業している富士ミルクランドについて書いた記事になります!

おすすめなのがジェラート・アイスになります!

朝霧高原のミルクで作った濃厚なジェラートを堪能して欲しいと思います!