自由気ままにアンザイレン 

グルメ・温泉や使用した商品のレビューの雑記ブログです!

こまくさの湯日帰り温泉!中央アルプスの名湯の営業時間・駐車場・料金・クーポン詳細!

駒ヶ根高原早太郎温泉こまくさの湯日帰り温泉

 

 

 

駒ヶ根高原早太郎温泉こまくさの湯日帰り温泉に出没した経緯

 

先日、中央アルプスの陣馬形山へキャンプに出没したのですが、その時に立ち寄った日帰り温泉がこまくさの湯になります。

 

こまくさの湯の正式名称は、「駒ヶ根高原早太郎温泉こまくさの湯」になるのですが、長くて覚えられませんよね。

 

一般的には「こまくさの湯」で通っている日帰り温泉になるのですが、中央アルプスのお膝元であります駒ヶ根にある施設ですので、観光客は勿論の事、登山、ハイカーの利用が多い温泉になります。

 

今回、こまくさの湯に出没すると、多くの登山者がいましたので、皆さん疲れた体を癒しに訪れている感じでした。

 

そんなこまくさの湯ですが、施設も広く、お食事処などもあって、ノンビルするには最高な温泉でしたので、今日はそちらについて掘り下げてみたいと思います!

 

こまくさの湯へのアクセス・営業時間・駐車場について

 

 

こちらが今回お世話になりました日帰り温泉こまくさの湯になります。

 

妙に気になるのが、早太郎温泉のこまくさの湯なのか、それとも早太郎温泉がこまくさの湯なのか、もしかして早太郎温泉ってこまくさの湯?と、色々と妄想してしまいます(笑)

 

答えが出ませんが、こまくさの湯周辺は、木曽駒ケ岳ロープウェイのお膝元になりまして、周辺は観光地になっております。

 

そんなこまくさの湯ですが、アクセスにつきましては、公共交通機関ですとJR駒ヶ根駅からバスで行くことが出来ます。

 

駒ヶ根駅からバスで15分前後の道のりですが、比較的簡単に温泉に入ることが可能です。

 

また、中央高速道路の駒ヶ根インターから車で5分弱のところにこまくさの湯がありますので、車でのアクセスも容易でございます!

 

中々交通の便の良い所にありますこまくさの湯ですが、営業時間は、10:00~21:00までと結構遅くまで温泉に入浴することが出来ます。

 

定休日につきましては、第2水曜日と、第4水曜日になっております。

 

そして、こまくさの湯の駐車場ですが、かなり広い敷地になります!

 

 

こまくさの湯方面に進んでいく看板

 

中央自動車道の駒ヶ根インターを降りてから、こまくさの湯方面に進んでいくと、こちらの看板が見えてきます。

 

この看板付近い、こまくさの湯の駐車場があります。

 

 

こまくさの湯の駐車場

 

こちらがこまくさの湯の駐車場になるのですが、施設から少し離れてますので、若干、歩かないといけません。

 

この駐車場から更に進むと、施設内の駐車場があるのですが、そちらが混雑している時にこちらの駐車場を使う形になると思います。(第2駐車場のような感じ)

 

こまくさの湯の駐車場の看板が見えてもスルーし、施設内の駐車場の混み具合を確認した方が良いかなと思います。

 

 

こまくさの湯の立派な看板

 

先ほどの駐車場の看板から少し進むと、こまくさの湯の立派な看板が、木曽駒ケ岳方面を見て右側に見えてきます。

 

 

こまくさの湯の施設内の駐車

 

 こちらがこまくさの湯の施設内の駐車場になるのですが、結構広く多くの車が駐車出来るするスペースがあります。

 

こちらの駐車場の手前にある駐車場に停めるよりも、施設内の駐車場の方が温泉に近く、湯冷めしなくてよいかと思います!

 

 こまくさの湯の施設内の駐車場で約50台、手前の駐車場で約50台前後は駐車が可能だと思います。

 

結構広い駐車場ですが、それでも混雑している時間帯に行ってしまうと駐車できないことがあるそうです。

 

 

こまくさの湯の駐車場に綺麗な紅葉

 

こまくさの湯の駐車場に綺麗な紅葉が良い色に色付いておりました!

 

いや~綺麗ですね~!

 

秋の中央アルプスは紅葉が綺麗ですからね~!

 

宝剣岳・千畳敷カールも紅葉の名所ですからね~

 

 

こまくさの湯の駐車場から見る中央アルプス宝剣岳と千畳敷カール

 

こまくさの湯の駐車場から見る中央アルプス宝剣岳と、その下に見えている千畳敷カールになります!

 

いや~温泉の前に中央アルプスに登りたくなってしまった誰かさんでした(笑)

 

 

駐車場の目の前がこまくさの湯の入口

 

駐車場の目の前がこまくさの湯の入口なので、空いているならば、敷地内の駐車場を利用したいものですよね。

 

 

こまくさの湯の駐車場は、上と下の2段

 

こまくさの湯の駐車場は、上と下の2段になってますので、間違わないようにしてください!

 

下の段から上の駐車場へ行くのが面倒なので、始めから上の段の駐車スペースで停めるつもりで行ったほうが良いかな~と思います。

 

こまくさの湯の駐車場は、敷地に入る前に上の段と下の段の違いが分かると思いますので、行けば直ぐに分かると思います!

 

 

こまくさの湯の料金・クーポンについて

 

こまくさの湯にはクーポン券がございまして、利用する前にゲットした方がお得です。

 

私は、こまくさの湯の近くで営業している飲食店でクーポン券をゲット致しました!

 

 

こまくさの湯クーポン券

 

こちらがこまくさの湯のクーポン券になります。

 

クーポン券の使用できる期限は決まっていませんので、いつでも受付に渡せば50円引きで入浴することが出来ます。

 

嬉しいことに、こちらのクーポン券1枚で5名まで適用されますので、最大で250円割引が適用されます。

 

ちなみにこまくさの湯の入浴料金ですが、大人610円になりますので、クーポン券を利用すると560円になります。

 

また、周辺のお店で割引券を探すのが面倒くさい場合は、こまくさの湯の公式ホームページの一番下にあるクーポンの画面をスマホで見せるか、紙に印刷すれば50円の割引になります。

 

クーポン画面がこちらのサイトにありますので、こまくさの湯に行く予定があれば、チェックしてみてください!

 

こまくさの湯公式ホームページはこちら >>

 

 

日帰り温泉こまくさの湯の泉質について

 

日帰り温泉こまくさの湯の泉質

 

私は化学系の会社に勤めているのですが、ついつい温泉の泉質が気になってしまい、じっくりと読んでしまう性癖があったりします。

 

ま~事務の仕事をしてますので、化学はあまり関係ないんですけどね(笑)

 

 

こまくさの湯の泉質ph.9.2のアルカリ泉

 

こちらがこまくさの湯の泉質になります!

 

ph.9.2のアルカリ泉になってまして、俗に言う「美人の湯」になります。

 

高アルカリの温泉は、肌に良いといわれてまして、多くの温泉が「美人の湯」と宣伝しております。

 

温泉の成分表の記載の通り、お湯につきましては無色透明で無臭でした。

 

若干、塩素臭かったのですが、入浴者が多い温泉ですので、ま~これは仕方がないのかな~と思いました。

 

 

温泉分析票の詳細

 

温泉分析票の詳細になるのですが、ここまで来ると、も~なんだか良く分かりませんよね(笑)

 

なんとなく、体に良い温泉なんだろうな~と思ってしまいました!

 

私は見た目以上に単純なおじさんなもので、お上からの情報は直ぐに鵜呑みにしてしまう素直で乙女な瞳をしている誰かさんでした!

 

そんな単純なおじさんを癒してくれた、こまくさの湯のアルカリ単純泉でした!

 

こまくさの湯のお食事処と入浴食事セット券について

 

こまくさの湯の施設内お食事処

 

こまくさの湯の施設内には「お食事処」がありまして、そちらで食事をとることが出来ます!

 

 

お食事処の様子

 

お食事処の様子になりますが、こちらは券売機で食べたいメニューを注文するシステムになっております!

 

客席も広く、結構な人数を収納できると思います!

 

 

こまくさの湯でお得なセット入浴食事セット券

 

その中でもこまくさの湯でお得なセットで有名なのが「入浴食事セット券(料金1,100円)」になります。

 

入浴客の多くがこちらの「入浴食事セット券」を使うといわれておりますが、セット券の内容は、お風呂の入浴とプラスして、下記食事の中から1つ選ぶことが出来るお得なセットになっております。

 

  • かき揚げ蕎麦
  • ミニソースカツ丼
  • アジフライ定食
  • サバみそ煮定食
  • カレーライス

 

入浴料金が、クーポンを使わないと大人610円ですので、それに490円プラスすると、食事も食べれるというコスパ良すぎる内容になっております!

 

このお得な「入浴食事セット券」は、受付で購入できますので、その旨伝えればOKになります。

 

駒ヶ根の名物である「ミニソースカツ丼」を注文する方が多いみたいで、数多くのレビューがあったのですが、若干、小さいものの、490円とは思えないボリューム感でした。

 

「入浴食事セット券」以外にも、スパゲッティやカキフライなど、美味しそうなメニューが多いので、食事と温泉のセットでこまくさの湯に訪れたほうが良いかもしれません!

 

 

こまくさの湯のお食事処のメニューと料金

 

こちらはこまくさの湯のお食事処のメニューと料金になります。

 

やはりソースカツ丼押しな感じですよね!

 

それにしてもミニソースカツ丼が670円で販売されてますので、やはり先ほどの「入浴食事セット券」の破壊力が凄まじいですよね(笑)

 

 

今錦食事のメニュー以外にも、お酒やおつまみ等も販売

 

また、食事のメニュー以外にも、お酒やおつまみ等も販売されてました!

 

日本酒1合で380円って、結構安いですよね・・・。

 

「今錦」も飲んでみたかったですね~

 

今錦は、駒ヶ根周辺(中川村)の銘酒ですからね~!

 

東京の居酒屋さんで飲んだ事があるのですが、今錦は素直に旨いです!

 

個人的には、日本酒とモツ煮で決まりですね!(笑)

 

こまくさの湯の内部の様子(ロッカー・売店・お風呂)について

 

こちらはこまくさの湯のロッカー

 

温泉施設ですのでロッカーがあるのですが、脱衣場の外にもありまして、100円入れると閉じて使用後返金されるシステムになります。

 

脱衣場にロッカーガあるのかどうか分からなかったので、こちらで貴重品を預けることにしました。

 

何故か服まで脱ごうとしてしまった誰かさんでした・・・。

 

ここで服を脱ぐと警察のお世話になってしまいますので要注意です!

 

 

ロッカーの近くに自動販売機

 

ロッカーの近くに自動販売機や、怪しげな飲料が売られておりました。

 

元気になりたい時によく効きそうな飲み物でした!!

 

こまくさの湯の1階の休憩室は狭いので、2階にある休憩所がおすすめです!

 

 

左の階段の奥にこまくさの湯の休憩所

 

左の階段の奥に休憩所があります。

 

写真の通り、受付の周辺に売店?というか地元のお土産が売られております。

 

長野で採れた果実のジュースや、地元の野菜や新鮮なフルーツが多く売られておりました。

 

ついつい「シナノスイート(リンゴ)」と「甘柿(富有柿)」を買ってしまいました。

 

両方ともお値段が安く、味も良くて大変お得でした!!

  

また、こまくさの湯でも山バッチが売られてましたので、山で買い忘れた時に重宝すると思います!

 

記憶が怪しいですが、木曽駒ヶ岳と空木岳の山バッチがあったような・・・。

 

 

信州マダムが買いそうなお洋服も販売

 

何故か信州マダムが買いそうなお洋服も販売されてました。

 

アオヒゲな私も似合いそうな洋服の数々に、チョットお洒落に気を付けようと思ってしまいました(?)

 

 

2階から見たこまくさの湯のロビーの様子

 

2階から見たこまくさの湯のロビーの様子になります!

 

こまくさの湯で愛を叫ぶときは、ここからがおすすめです(笑)

 

 ちなみにお風呂は大浴場、ジェットバス、露天風呂の3種類になってまして、それにでサウナと水風呂があります。

 

シャンプー・リンス・ボディーソープは備え付けられてますので、持参は不要です。

 

露天風呂から付近の山々を見ることが出来ますし、目の前に川が流れてますので、せせらぎが癒し効果になるかな~と思います!

  

肝心の温泉の方ですが、思ったほどトロトロしてませんでした。

 

アルカリ泉ですので、肌にまとわりつくようなお湯かな~と楽しみにしていたのですが、ちょっと残念な結果になりました。

 

休憩室・ガイアリンパ整体・マッサージチェアについて

 

休憩所の様子

 

こちらがこまくさの湯の2階になります休憩所の様子になります。

 

机と座布団が用意されてまして、ゴロゴロ寝ることも可能です。

 

 

ガイアリンパ整体入口

 

非常に気になった「ガイアリンパ整体」になります。

 

ガイア先生がチンパの流れを整えてくれるのでしょうか!?

 

それとも山本リンパ先生が「噂を信じちゃいけないよ!」と、歌いながらガイアに変身するプレイなのでしょうか!?

 

謎が深まる時間になりました・・・。

 

 

こまくさの湯マッサージチェア

 

こまくさの湯は、マッサージチェアも充実してまして、色々なプレイを駆使して凝り固まったアンナ所やコンナ所まで解してくれます。

 

非常に快楽な時間になりそうなマッサージチェアですが、それでも山本リンパ先生のガイアプレイには勝てませんよね!て、そのうち怒られちゃいますよね(笑)

 

まとめ

こまくさの湯は、入浴料金もそこそこ安く、施設内にお食事処もありますので、1日ノンビリすることが出来ると思います!

 

上述してます通り、「入浴食事セット券」のコストパフォーマンスは素晴らしいですので、是非、利用してみてください!

 

紅葉の時期は非常に混みあうみたいですのでアレですが、中央アルプスの宝剣岳・千畳敷カールの玄関口にある日帰り温泉ですので、利用価値が高いと思います!

 

覚えておくと便利な温泉だと思いますので、機会作って訪れて頂けたらな~と思います!

 

www.anzairen.com

北アルプスの玄関口にあります信濃大町温泉郷薬師の湯について書いた記事になります!

泉質が素晴らしく、とても広い日帰り温泉施設でおすすめです!

 

www.anzairen.com

中央アルプスの麓にあります阿寺温泉フォレスパ木曽あてら荘の日帰り温泉に出没した時の記事になります!

こちらは泉質が素晴らしく、また再訪したい温泉の1つになります!

阿寺温泉フォレスパ木曽あてら荘は、こまくさの湯からもそこそこ近いところにありますので、中央アルプス周辺の温泉候補地の1つになるかな~と思います!

 

www.anzairen.com

こまくさの湯から歩いて数分の所で営業してます「ガロ(GARO)」について書いた記事になります!

ガロの名物駒ヶ根ソースカツ丼を食べたのですが、ボリュームも凄く、おすすめのお店になります!