自由気ままにアンザイレン 

グルメ・温泉や使用した商品のレビューの雑記ブログです!

小田原港わらべでランチ!小田原漁港直送ネタの天丼・海鮮丼!メニュー・料金の詳細

小田原港わらべ店舗の様子

 

 

 

 

小田原港わらべでランチを食べた経緯

 

数年前からムチムチな体になってきたもので、ダイエットに励んでいるのですが、思いと裏腹に食欲が衰えず、更にブクブク太ってしまっている誰かさんでございます。

 

若い頃から脂っこい食べ物が大好きなもので、豚カツや天ぷら等の揚げ物系を頼んでしまうことが多いのです。

 

今回、諸事情で神奈川県の真ん中付近に位置する「海老名市」に行く用事があったのですが、その時の食事と兼ねて「ららぽーと」に行ってみました。

 

海老なのららぽーとは、出来て間もないみたいで、新築の香りと、若いオネーさんの匂いが入り混じる素敵なところだったのですが、食事の方も充実していてお店が多く迷ってしまいました。

 

フードコートをウロウロしていると、「小田原港わらべ」の看板を見つけ、当初はサッパリ系の「海鮮丼」を注文しようと並んでみることにいたしました。

 

ララポートのフードコートの中でも、小田原港らわべは、ソコソコ人気があるみたいで、地味に混み合っておりました。

 

海鮮丼を食べようと並んでいたものの、店内から美味しそうな天ぷら匂いが充満してくるではないですか!

 

優柔不断な私なもので、一人の女性を長く愛することが苦手なのですが(?)、「海鮮丼」に支配されていた脳内環境が、段々と天ぷらに傾き、いつしか「天丼」を注文してる私の姿がそこにありました。

 

やっぱり、揚げ物の匂いと音を間近で聞いてしまうと、心を揺さぶられ、食後は更に腹の贅肉も益々揺らすことに成功してしまいました(?)

 

そんな危険な香りがする「小田港わらべ」になりますが、折角なので、食べた時の事を今回は記載したいと思います!

 

ららぽーと海老名の「小田原港わらべ」の場所と営業時間・定休日について

 

 

 こちらが海老名ららぽーとの中で営業している小田原港わらべ周辺の地図になります!

 

店名からすると、小田原港に行くと「わらべ歌」が聞こえてきそうな雰囲気がしますが、残念ながら海老名まで行けないと堪能出来ない感じです(?)

 

何を言いたいのか良く分かりませんが、地図のとおり、ららぽーと海老名は、駅と直結してますので、雨に濡れずに店内に入ることができます。

 

雨が滴るキモイおじさんを目指している私にとっては鬼門な感じですが、相鉄線の改札からララポート海老名を目指す場合は、結構地味に長く歩く距離になります。

 

最寄の駅は「相模線海老名駅」になりますので、ららぽーと海老名に用事がある場合は、そちらを利用した方が良いかもしれません。

 

そして小田原港わらべの営業時間ですが、11:00~23:00までになっております。

 

こちらは、ララポート海老なのフードコートの営業時間に準じていると思われます。

 

そして、小田原港わらべの定休日ですが、こちらは年中無休になっております。

 

営業時間と同様に、ララポート海老なのフードコートの定休日に準じていると思われます。

 

ちなみにフードコートは、ららぽーと海老名の3階になります。

 

 

小田原港わらべのメニューと料金・混雑について

 

小田原港わらべで食べたメニュー料金

 

今回、小田原港わらべで食べたメニューが「天丼(竹)」になりまして、料金は1,296円+税になります。

 

わらべの名物の1つである特上海鮮丼の料金が1,068円+税になりますので、非常に迷ってしまいますよね~

 

メニューを見ていると、右側に映るアジフライ定食(788円+税)も捨てがたいな~と思ってしまいました。

 

結構アジフライが好きなもので、メニューを見ているとついつい頼みたくなってしまいます。

 

 

小田原港わらべマグロ丼、サーモン三食丼や、しらすまかない丼

 

 それ以外のメニューがこちらになります!

 

若干、モザイクが掛かっておりますが、マグロ丼、サーモン三食丼や、しらすまかない丼を頼む方が多かったです。

 

 

小田原港わらべの混雑具合

 

小田原港わらべの混雑はこんな感じでした。

 

絶えず5人前後行列が出来ている感じの混み具合ですが、5、6分待つくらいな感じでした。

 

食事のピークから少しずれた時間帯だったのもあるかと思いますが、ランチ・ディナーの時間になると、更に混むと思われます。

 

特に、週末は混雑が激しいと思いますので、時間にゆとりをもって出没した方が良いかと思います。

 

下手すると、フードコート内の座席がすべて埋まってしまい利用できないこともあったりします。

 

 

小田原漁港直送ネタの天丼を食べてみる!

 

小田原港わらべ頼んだメニュー天丼(竹)

 

メニュー選びに苦戦したものの、最後は「本能の叫び」が勝りまして、通常運転の天丼にしてみました(笑)

 

天丼(竹)にしたのか「梅」にしたのか忘れてしまったのですが、中々ボリューム満点の天丼ですよね!

 

 

小田原港直送の新鮮なネタを使った天丼

 

 美味しそうな天丼をアップで撮ろうとしたのですが、興奮してしまい、ブレブレな感じになってしまいました。

 

小田原港直送の新鮮なネタを使った天丼ではありますが、具材が動き回るような鮮度ではありませんので注意してください!

 

 

天丼のアップ

 

心を穏やかにし、冷静になった時に撮ったわらべの天丼のアップになります!

 

いや~天ぷらを見ているだけで、腹の脂肪が喜んでいることを感じられます!

 

衣もサクサクで、フードコートの天丼とは思えないクオリティでございました。

 

 

わらべの天丼アナゴエビの天ぷら

 

海鮮丼にしようか散々迷ったのですが、今回はわらべの天丼を選んで大正解でした!

 

アナゴも唇が厚くなり、マスオさんと絡んでしまうような美味しさでした!

 

そして、エビのプリプリ具合が本当に素晴らしく、私のお尻のプリプリには到底及びないネタの良さでございました♡

 

丼汁も甘過ぎず、良い塩梅でした。

 

甘過ぎる丼汁ですと、ネタの味を殺してしまいますので、難しい所ですよね!

 

飴と鞭を巧みに操る女王様のような存在になりたいな~と思った小田原港わらべの天丼の時間でした!

 

まとめ

 

小田港わらべは、新鮮な小田原港で水揚げされた海鮮を使っているだけのことはあり、とても美味しい天丼の時間になりました。

 

海老の天ぷらもさることながら、穴子・キス?の天ぷらがサクサクで非常に美味しく癖になる感じでした。

 

も~「穴子さん」や「キス魔」になってしまおうかと考えながらキスの天ぷらに舌を絡めて食べていたのですが、そんな姿に何故か一人で濡れてしまいました(?)

 

何かをこぼしたのか?それとも美味しさのあまりに涙が出てしまい濡らしてしまったのかは分かりませんが、そんなシットリとした小田原港わらべでの食事の時間になりました。

 

残念ながら、小田原港わらべのあるフードコートは、個室はありませんので、正直煩いです。

 

静かな空間で食事を楽しみたい方には不向きです。

 

しかしながら、ららぽーとのフードコートには、色々と美味しいお店が入ってますので、順々に試してみるのも面白いかな~と思います!

 

また、海老名に用事があれば、再訪してみたいと思います!

 

www.anzairen.com

鳥三和ららぽーと海老名店で名古屋コーチンの親子丼を食べた時の記事になります!

中々高級感のある親子丼でしたのでおすすめでございます!

良かったら、ららぽーと海老名のフードコートのお店選びの参考にしてみてください。