自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

予約録音ラジオ!ソニーポータブルブルラジオレコーダーとパナソニック比較!音質・録音時間の詳細

SONYの予約タイマー録音ができるラジオレコーダー

 

 

 

SONYの予約タイマー録音ができるラジオレコーダーについて

 

ブログの記事を書く作業は、とても孤独な時間になるのですが、音楽を聴いたり、ラジオを視聴しながら作業時間を有効活用しております。

 

特にラジオに関しましては、観る必要がないので、ブログの更新作業に相棒として重宝しているのでが、先日「徳永さん病」になってしまい、「レイニーブルー」になってしまいました。

 

レイニーブルーも~終わったはずなのに・・・。

 

ついつい鼻歌にも力が入ってしまうのですが、肝心の「徳永さん病」は、まさに「壊れかけのRadio」になります。

 

壊れかけのRadioというよりは、壊れちゃったRadioな感じで、パーソナリティの話が、何故か聞きたくもないラップの様な韻を踏むようになり、18禁のネタでもないので、音声にモザイクが掛かるようになってしまいました。

 

なぜ、放送禁止用語ではないのに、大事な所にモザイクが掛かるのだ!?

 

と、思いながら壊れかけのRadioを斜め45度で叩きながら騙しだまし使っていたのですが、ついに寿命を迎えてしまいまました。

 

会社と家との往復だけの私なもので、TVよりもラジオの方が馴染みがありますので、買い替えなければと思い色々と調べてみると、やはりSONYのラジオが電波も良く、音声も綺麗なので惹かれてしまいました。

 

パナソニックのラジオや、その他のメーカーのも使った事があるのですが、やはりラジオはソニーかな~と思っております。

 

最近では、「ラジコ(radiko)」という、ネット上でラジオを聴けるサービスがあるのですが、パソコンの操作が重くなるので、やはりラジオ本体が必要だと判断した次第です。

 

そんな感じで今回は「SONYの予約録音ラジオ」を選ぶことにしました。

 

予約録音ラジオは、色々メーカーからたくさん出ているのですが、その中でも評判の良いソニー ポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVを購入することに致しました。

 

前厄の影響で、色々な物が壊れてしまい涙目の連続なのですが、今回購入したSONYのラジオの性能が素晴らしく、少しだけ心が晴れた瞬間になりました!

 

 

ソニー ポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVの詳細!

 

ソニー ポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TV

 

こちらが今回吟味を重ねて購入した、SONYの予約録音ラジオである、ソニー ポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVになります!

 

白色に近いグレーで落ち着いた色合いになりますので、どんな部屋においても目立たず邪魔にならないかな~と思います。

 

予約録音ラジオのサイズ・重さについて

 

まずはラジオのスペックになりますが、本体の大きさにつきましては、幅幅21.6cm、高さ12.5cm、奥行き5.8cmになります。

 

横幅が少しあるので大きく見えますが、奥行きが6cm弱と薄いので、それほど邪魔にはなりません、

 

ラジオの電波は、窓際の方が良い事が多いですが、出窓付近にも置ける大きさになりますので、サイズ的には問題ないと感じております。

 

そして、ソニー ポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVの重さですが、こちらも1kgを切ってまして、約890gになります。

 

片手でも持てる重さですので、移動もしやすいです。

 

ソニー ポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVの売りが3つありまして、1つは最大20件まで予約録音が可能な点になります!

 

個人的には、20件でも少ないな~と思うのですが、中々この件数まで録音できるラジオは少ないので、これは大きな目玉になると思ます。

 

また、世界のソニー!、ウォークマンのソニーですので、音質がとてもクリアになってまして、高性能スピーカーが内蔵されております。

 

ラジオを使って語学の勉強をしている方も多いと思います、そちらの語学学習機能も充実してますので、これ1台で色々なことが出来る予約付き録音ラジオだと思います。

 

ラジオの周波数・対応メモリー・入出力端子・録音時間・再生速度について

 

肝心なラジオの周波数ですが、受信周波数は、こんな感じになっております!

 

AM周波数:531~1629KHZ

FM周波数:76~108MHZ

 

使えるメモリーにつきましては、SDカード、SDHCカードが対応しております。

 

入出力端子につきましては、外部入力がオーディオ、マイク入力がステレオミニ端子、  ヘッドホン出力は、ステレオヘッドホン、USBポートはHI-SPEEDUSBになります。

 

内蔵マイク、タイマー録音機能はありますが、リモコン、入・切タイマーはありません。

 

また、内蔵メモリーが装備されてまして、容量は16GBと大容量になります!

 

通常の音質でラジオ番組を録音した場合、約178時間も録音できる内蔵メモリーになりますので、これは助かりますよね!

 

そして、録音したラジオの音声を再生する速度も選ぶことが出来まして、0.5倍~2.0倍速までの間で調節可能になっております。

 

時間がない時に速く聞きたい時に重宝しますし、語学の勉強で使う場合は、ゆっくりと聴けますので便利な機能だと思います!

 

普段使いのラジオとしましては、かなりの高スペックになるかと思います!

 

そして、ソニーの予約録音ラジオを購入する前に迷ってしまった商品がこちらになります!

 

予約録音ラジオ パナソニック ラジオレコーダー4GBと比較について

 

 

ソニーのラジオと同様に、パナソニックも評判が非常に良いですが、色々と調べてみた結果、予約録音機能がついた、こちらの「パナソニックラジオレコーダー4GB」が目に留まりました。

 

ソニーポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVと比較したのですが、お値段はパナソニックの方が安くコスパ優れるアイテムだな~と感じました。

 

しかしながら、本体の大きさがソニーよりも一回り大きくなり、重量(1,570g)も倍近くあるのが引っ掛かり・・・。

 

また、内蔵メモリーも4GBと少し少なく、録音できる時間が半分以下な点も考慮して、今回はポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVを選んだ感じです。

 

パナソニックのラジオレコーダーも、音質が良く、電波の感度も良いみたいですので、録音時間にこだわらなければ、良い商品だと思います!

 

 

SONY予約録音ラジオを使ったレビューについて

 

SONYの予約録音ラジオを実際に使ってみたレビューになりますが、まずは受信感度がかなり良いので安心しました!

 

ラジオの機種にって、受信感度がだいぶ変わりますが、買い替えたことにより、逆に良くなったかも!?と思っております。

 

SONYのラジオの目玉である「予約録音ラジオ」は、やっぱり便利でございます。

 

聴きたい番組を諦めなくても良いので、ラジオファンなら必須の機能だと感じました!

 

また、録音タイマー予約は、指定した時間と曜日も設定できるので、実際には20件以上の番組が予約できます。

 

決まった曜日だけで予約選択することも可能ですので、機能を使いこなせると視聴できる番組が非常に増えると思います!

 

ソニーのポータブルラジオレコーダーボタン操作性

 

ボタンも押しやすく、操作性もいいと思います。

 

 お酒飲みすぎた時も、シッカリと操作できると思います(笑)

 

ボタンの感覚も絶妙ですし、大きさも小さ過ぎないので、男性でも扱いやすい感じでした。

 

 

SONY製ラジオ本体と付属品一式

 

こちらのソニーポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVの付属品一式と説明書になります。

 

付属品には、、AMラジオ用のループアンテナと、FMラジオ・ワンセグTV用の外部アンテナ接続ケーブルが付属されてますので、感度が悪い時に大活躍すると思います!

 

私も最近感度が悪くマグロ気味なので、外部アンテナを埋め込もうかな~と考えております(?)

 

 

タイマー録音できるラジオレコーダー正面

 

ラジオ本体の下の部分が全てスピーカーになってますので、ラジオの音質は、想像以上に良かったです。

 

少し離れた所でもよく聞き取れました!

 

 

ソニーポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVの右側面

 

ソニーポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVの右側面にありますスロット部分の写真になるのですが、アダプタを使ってマイクロSDカードや、ミニSDカードへデーターを移し、他のレコーダーで聴くことも可能です。

 

ソニーポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVを購入する際は、マイクロSDカードや、ミニSDカードを一緒に購入した方が便利だと思います!

 

ラジオの外部アンテナの使い方について 

どうしても建屋の構造や天候によってラジオの電波が届きずらい時がありますが、その時に活躍するのが外部アンテナになります。

 

ラジオ本体の位置や向きを変えても駄目な時に外部アンテナを使うと、綺麗に受信できることがあります。

 

 

外部アンテナ装着したポータブルラジオレコーダー

 

こんな感じに、ラジオ本体の裏面に外部アンテナを接続できる端子がありますので、そちらにセットして、切り替えスイッチを「外部」にするだけで感度が上がる事があります。

 

AMラジオに限らず、FMラジオやワンセグ放送の電波が届きにくい時は、同じ要領で外部アンテナに繋げばOKです!

 

折角、同封されている付属品ですので、是非、活用して欲しいアイテムになります!

 

まとめ

 

ソニー ポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVは、値段が少しお高めですが、落ち着いたデザインで操作ボタンもシンプルな形で使いやすく大活躍中になります!

 

やはり、予約機能付き録音ラジオが欲しかったので、内部メモリーが16GBの内蔵されている物を選んでよかったと感じております!

 

録音したラジオの番組を、外部メモリーに転送して保存するのも面倒臭いですからね。

 

音質、ラジオの電波の感度も良いので、イライラすることもだいぶ減りまして、精神衛生上も新しいのに買い替えて良かったと感じております。

 

ラジオをピンキリになりますが、安いのには訳がありますからね~

 

長い目で見れば、今回購入したソニー ポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TVは元を取ってくれると思っております!

 

こちらの記事が、予約機能付き録音ラジオで悩んでいる方の参考になれば幸いです!

 

ソニー ポータブルブルラジオレコーダーICZ-R260TV