自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

中古スタッドレスタイヤを安く買うならタイヤ・ホイールカンパニー!安心の中古タイヤ

雪道スタッドレスタイヤ

 

 

 

 

スタッドレスタイヤ・中古タイヤを安く買いたい!

 

今年の冬は雪が多く、「立ち往生」なども多く発生し、ニュースを騒がしてましたよね!

 

私は短い期間にはなるのですが、富山県に住んでいた事があるのですが、雪道の運転がとても怖かった事を今でも鮮明に覚えております。

 

生まれと育ちが雪の少ない神奈川県なもので、そんな人間に雪道を運転させるのは「自殺行為」だよな~と思っておりました。

 

死を覚悟しながら雪道の運転をしていたのですが、人間とは面白いもので、何故か気分が高揚し「トラック野郎の気分」に浸りながら楽しんでいた自分もいたりしました。

 

きっと、生粋の「Mな乙女心」の持ち主なんだろうな~と、自己分析しているところでございます。

 

そんな危ない雪道運転において、とても大事なのが「スタッドレスタイヤ」ですよね!

 

ツルツルと凍結した雪道を車で運転をするには、スタッドレスタイヤが必須アイテムですが、お値段が高く、寿命も短いのが悩みの種ですよね。

 

ノーマルタイヤですと、新品のタイヤに買い換えても長い期間乗れますのでアレですが、スタッドレスタイヤの場合は、寿命が3年前後と短いですからね。

 

富山の友人も、「スタッドレスタイヤが高い!」と、悲鳴を上げてましたので、結構タイヤ交換で悩んでいる方が多いと思っております。

 

インターネットで中古スタッドレスタイヤ、中古タイヤを調べてみると、取り扱っているお店は多いのですが、品質や安全性がイマイチ伝わらず、「買って大丈夫かしら!?」と疑問に思ってしまうことが多いです。

 

また、送料が無料でなかったり、値段もマチマチで相場が分からず・・・てな事も多かったです。

 

そんな中、中古スタッドレスタイヤ、中古タイヤを安く買える「タイヤ・ホイルカンパニー」について教えてもらったので、1つの参考として記事にしてみたいと思います!

 

 また、スタッドレスタイヤは、なぜ雪道で滑らないのか!?保管の秘訣は!?中古スタッドレスタイヤのメリットについても触れて行きたいと思います!

 

安く中古スタッドレスタイヤを買えるタイヤ・ホイルカンパニーについて

 

タイヤ・ホイルカンパニー中古スタッドレスタイヤ販売店

 

タイヤ・ホイール カンパニー公式ホームページ

 

 

今回教えてもらったタイヤ屋さんである「タイヤ・ホイールカンパニー」のレビューを見てみると、商品の梱包等も丁寧で、親切で素早い対応をしていることが良く分かりました。

 

また、中古タイヤの在庫が、常時10,000本以上あるそうで、他のタイヤ販売サイトとは違って「送料無料」がウリになっております!

※沖縄・北海道・離島は除く

 

中古タイヤの在庫が10,000本以上あれば、欲しいアイテムがきっと見つかりますよね~!

 

中古タイヤの性能検査・出荷検査の体制について

 

新品タイヤと違い、中古タイヤのデメリットすれば、前のオーナーの運転の仕方(荒さ)によって、タイヤの磨耗具合や「クセ」があったりする点ですよね。

 

私も前世で「癖が強いオジサン」だったみたいで、現世においても癖が強く、私に関わってしまった女性の心を磨耗させてしまっている点が情けない限りでございます(?)

 

誰に対しても癒しを与えることが出来る爽やかなオジサンになりたいものですが、車のタイヤと一緒で「ツルツルだと危ない」点が治っていない誰かさんでございます!

 

なんだか分からなくなってきましたが、タイヤ・ホイールカンパニーは、品質面で不安に思ってしまうユーザー対策として、タイヤの各種性能検査に力を入れているそうです!

 

 

タイヤ・ホイルカンパニー中古タイヤ各種性能検査

中古スタッドレスタイヤ各種性能検査

 

個人的に、中古タイヤは「安かろう悪かろう」だと思ったいたのですが、これだけ品質検査を実施していると、考え方が変わってしまいますね~

 

これなら私の体の「品質検査」をモリモリ実施して欲しいですね~

 

「も~ポンコツ過ぎて中古品としても販売できません」と、言われちゃいそうですよね(笑)

 

中古タイヤを販売するまでに、何通りも安全品質検査を実施し、納得できるタイヤだけを販売していることが良く分かりますよね。

 

また、タイヤの「パンク検査」や「エアー漏れ点検」も行ってますので、品質に問題はなさそうです!

 

新品・新古品・アウトレット品のタイヤを安く買えてお得です!

 

タイヤ・ホイルカンパニーのサイトを観ていると、新品・新古品・アウトレット品のタイヤが安く買えて大変お得です!

 

新品・未使用のタイヤにつきましても、どれもお値段が安く、中古品に抵抗がある方に打ってつけかな~と思ってしまいます。

 

私は中古品として販売できないポンコツな体みたいですので(?)、中古品でも問題ないのですが、上述した「中古品のデメリット」を考慮すると、「新古タイヤ」を狙ってみるのもアリかも知れません。

 

1例を挙げると、商品在庫のタイミングにもよると思いますが、スタッドレスタイヤが、2本で4,000円台の物もあったりと、新品と比べてはるかに安いお値段にビックリしてしまいました!!

 

在庫が多いと、自分の予算に応じてタイヤを選べるのが魅力の1つですよね~!

 

タイヤの値段の詳細はこちら >>

 

 

中古スタッドレスタイヤの品揃えについて

 

タイヤ・ホイールカンパニーは、ホイルのサイズに応じて多種多様な品揃えになっております!

 

聞いたことのないタイヤメーカーの物もありますが、誰もが知っているような有名どころも多く在庫で抱えてました。

 

また、「タイヤとホイルのセット」の品揃えも充実してますので、タイヤの装着が面倒な方には助かるかな~と思います!

 

なんだか値段や品揃えをみていると、新品タイヤを買うのが馬鹿らしく思ってしまいますよね。

 

タイヤの品揃えの詳細はこちら >>

 

 

中古スタッドレスタイヤのメリットについて

 

封を開けた時の「新品の匂い」が好きな私なのですが、スタッドレスタイヤにおいては少し違ったり致します。

 

程度にもよるのですが、スタッドレスタイヤは、少し走ってすり減っていたほうが、雪道走行の性能が良くなります 新品のタイヤに交換すると、

 

 

「しばらく滑りやすいので運転気をつけて下さい!」

 

 

と、店員さんから注意されませんか!?

 

なぜ、新品のタイヤなのに滑りやすくなるか疑問に思ってしまいますよね!?

 

意外に思うかも知れませんが、滑りやすい理由は「タイヤを作る過程」が影響しております。

 

ドロドロに熱したゴム等の原料を、タイヤの金型にを入れて製造しますが、その時にどうしてもタイヤの表面に薄い膜ができてしまいます。

 

買ったばかりの風船も、表面が異様にツルツルしている事があると思いますが、それと似たような現象になります。

 

この表面が曲者で、本来持っているタイヤの性能を一時的とはいえ悪くしてしまいます。

 

今までの経験や、タイヤの店員さんの話からすると、だいたい100km~150km前後走行すると、タイヤの表面が削られて、本来の性能になるそうです。

 

それまでの間は「車の慣らし運転」と同じような意味合いで「タイヤの慣らし期間」が必要になります。

 

その点を加味しますと、中古スタッドレスタイヤと聞くとチープな感じに聞こえてしまいますが、ある程度の磨耗なら、面倒臭いタイヤの慣らし期間が不要になります。

 

雪や凍結は待ってくれませんので、本来のスタッドレスの性能を直ぐに実感したい場合には「中古品」も大いにアリだったりします!

 

中古スタッドレスタイヤの詳細はこちら >>

 

 

雪道でタイヤが滑ってしまう原因について!?

 

雪道や凍結している道路を走行すると滑ってスピンしてしまい、大変危ないですよね。

 

雪道でタイヤが滑る原因は諸説あるのですが、現在の科学においてもまだ解明されていない部分があるそうです。

 

そんなタイヤのスリップですが、1つの原因として「水膜」が要因ではないかと言われております。

 

雨で濡れたマンホールが異様に滑るのと同じような意味合いになります。

 

地面に接地しながらタイヤは、回転しながら進んでいきますが、その時に「摩擦熱」が発生してしまいます。

 

熱を帯びたタイヤが雪や凍結に触れると、表面の融解が進み「水」が発生してしまいます。

 

この雪や氷から融けた水が「水膜」としてタイヤの表面に悪さをし、スリップする1つの原因であると言われております。

 

タイヤの凹凸に水膜が入り込むと、表面がツルツルになってしまいますので、それが雪道のスリップに影響しております。

 

そんな雪道スリップの原因の1つである水膜を、上手くタイヤの表面や溝から逃がすような構造になっているのがスタッドレスタイヤの特徴になります。

 

また、雪や凍結をチェーンのようにシッカリと引っ掛ける力があるのもスタッドレスタイヤの特徴になります。

 

SF映画でよく見かける「空飛ぶ自動車」の発売が待たれますよね!

 

スタッドレスタイヤを交換する時の注意について

 

よく言われていることですが、タイヤ交換する時は、ケチケチせずに4輪全部交換した方が良いと思います。

 

時々駆動輪のみスタッドレスタイヤにする方がいますが、それですと本来のグリップ性能が発揮できません。

 

雪が降る地域で二輪駆動の車を運転される方は少ないかと思いますが、安全を考えるならば4輪全部同時期に交換される事をお勧めいたします!

 

スタッドレスタイヤの寿命と適切な保管の仕方について

 

高価なスタッドレスタイヤですが、上述したとおり、だいたい3年前後で寿命を迎えてしまいます。

 

短い距離しか走ってない場合でも、ゴムの劣化によってだいたい3年間で寿命を迎えてしまいますので、経済的ではないですよね。

 

そんなスタッドレスタイヤですが、適切に保管すれば、寿命に好影響すると言われております。

 

タイヤ屋さんの店員の話ですが、スタッドレスタイヤの保管については、下記3つがポイントになるそうです!

 

  • タイヤへの直射日光はNGです!
  • スタッドレスタイヤの空気を抜く!
  • ホイールはつけたままスタッドレスタイヤを保管する!

 

直射日光は、ゴムの劣化を速め、ひび割れの原因となってしまいます。

 

出来たら日の当たらない屋内に入れるか、外に保管する場合はカバーをして濡れないようにすると良いそうです!

 

まとめ

 スタッドレスタイヤは消耗品ですし、とてもお値段が高いので、寿命等を考えると「中古タイヤ」も1つの選択肢になるかと思います!

 

中古タイヤを扱うお店は多くありますが、タイヤ・ホイールカンパニーのサイトで相場を確認し、品質面もチェックした上で、欲しいタイヤを比較してみるのが良いかと思います!

 

 

お勧めのタイヤ・ホイール カンパニー公式HPはこちら >>