自由気ままにアンザイレン 

グルメ・温泉や使用した商品のレビューブログです!

充電式ワイヤレスマウスKASOTTレビュー!使い方と充電の仕方詳細

充電式ワイヤレスマウスKASOTT

 

 

 

 

充電式ワイヤレスマウスを購入した経緯

 

仕事が事務職なもので、一日中パソコン業務に勤しんでいるのですが、タッチパッドの操作がどうも苦手なもので、マウスが欠かせない感じです。

 

ノートパソコンを持ち運ぶことがあるので、タッチパッドを習得し「脱マウス」を図った時期もあったのですが、昔から使い慣れているマウスからの脱却は出来ない感じでした。

 

ここまでくれば慣れないことは止めようと思い、現在もマウスを使ってパソコン操作をしているのですが、ここ数年はワイヤレスマウスを使うようになり、邪魔な配線(コード)がなくなり作業性、携帯性が良くなったと感じております。

 

先日、家で使っているディスクトップパソコンのマウスを「ワイヤレス静音無線マウス」に替えたのですが、今度はノートパソコンのマウスが壊れてしまい、前から気になっていた「充電式ワイヤレスマウス」を購入してみる事にいたしました!

 

ワイヤレスマウスの難点の1つが「乾電池を使用する」ことかなと思います。

 

それほど電気を消費するものでもないので、1度乾電池を交換すれば、長い期間マウスを使うことが出来るのですが、それでも常に乾電池の在庫を抱えておかないとならず面倒に感じておりました。

 

乾電池ではなく、USBを使った充電式ワイヤレスマウスがないものか?と調べてみると「KASOTT」の充電式ワイヤレスマウスの評判が良く、興味を惹かれて購入することにいたしました。

 

ワイヤレスで扱いやすく、充電式なので乾電池の心配がなく助かっているのですが、操作性、握りやすさも良くて買って良かったと感じております。

 

今回は、充電式ワイヤレスマウスの「KASOTT」について掘り下げてみたいと思います!

 

KASOTT充電式ワイヤレスマウスの詳細と使用方法について

 

KASOTT充電式ワイヤレスマウス

 

こちらが今回購入した充電式ワイヤレスマウスのKASOTTになります!

 

一見、普通のマウスになりますが、「最新進化版」になりますので、機能が充実している感じです。

 

 

充電式ワイヤレスマウスの特徴

 

充電式ワイヤレスマウスの特徴になりますが、上記写真の通り、駒な仕様に対応できる感じになっております。

 

最新のBluetooth5.1に対応しておりますし、赤外線技術を更に進化させて、省電力化になった充電式ワイヤレスマウスになります!

 

 

KASOTT充電式ワイヤレスマウスの使用方法

 

そしてKASOTT充電式ワイヤレスマウスの使用方法ですが、USB受信機をパソコンに差し込むと自動で感知してくれます。

 

それ以外の操作はありませんので、非常に簡単に使用することが出来ます!

 

 

充電式ワイヤレスマウスの使える範囲

 

受信機から15m以内なら、問題なくマウスの操作が可能です!

 

家の中や職場でも問題なく、マウスを使用することが出来ますので、邪魔なコードから解放されると思います!

 

結構この受信距離が短いワイヤレスマウスがありますので、購入する際は、どれくらいの距離までマウスの操作ができるのか?を、調べた方が良いかと思います!

 

 

充電式無線ワイヤレスマウスの付属品とホイル・DPIについて

 

充電式ワイヤレスマウスの付属品とホイル・DPI

 

購入したKASOTT充電式ワイヤレスマウスの付属品がこちらになります!

 

左側の小さな凸が無線の受信機と互換性を持たせる部品(ジョイント部品)になりまして、端子のサイズが異なるパソコンのでも使えるようになっております。

 

右側がマウスを充電させるためにUSBのコードになります。

 

 

KASOTT充電式ワイヤレスマウスのホイルとDPI部品

 

そしてこちらがKASOTT充電式ワイヤレスマウスのホイルとDPIになります。

 

マウスのホイルについては、ご存知の方が多いと思いますので割愛しますが、DPIについては知らない方もいるかと思います。

 

ホイルの下側の銀色の四角いボタンがDPIになりまして、こちらを押すと「マウスを動かすとポインターがどれだけ移動するか(距離)」を調整することが出来ます。

 

パソコンの設定を使って、マウスの動きなどを調整するかと思いますが、DPIボタンが装備されているマウスの場合は、ボタン操作だけで完結してしまいます。

 

マウスを動かしながらマウスポインターの動く距離を調整できますので、自分好みに設定変更が出来て大変便利でございます!

 

個人的には、マウスの付属品としてDPIボタンがあるモデルをおすすめしておりますす!

 

 

充電式ワイヤレスマウスの裏側の様子

 

そしてこちらが充電式ワイヤレスマウスの裏側になります。

 

マウスの左端に「2.4G+BT」と表示されておりますが、こちらがパソコンに設置する無線の受信機になりまして、詳細は後述したいと思います!

 

昔のマウスは、裏側に「ボール」のような物が付いていましたが、光学マウスが発売されてからは見なくなりましたよね~

 

あのボールを洗うのが地味に好きだったので残念です。

 

変な毛が絡まっていてムラムラしていた時代が懐かしいです(笑)

 

 

充電式ワイヤレスマウスの口コミ・レビューについて

 

充電式ワイヤレスマウスの口コミ・レビュー

 

充電式ワイヤレスマウスの口コミ・レビューについてになりますが、評判が良い理由が良く分かりました!

 

口コミ・レビューが良い理由は、上記写真になります。

 

Amazonギフト券ってなんざんす?ですよね(笑)

 

 

Amazonギフト券でレビュー書かせている

 

え~・・・Amazonギフト券が欲しければ、Amazonで投稿レビューをしてくださいとの事でした。

 

ちなみにレビュー内容は、評価は5星、200字以上の書き込みと商品の写真の添付が条件になります。

 

こちらの条件をのんでAmazonでレビュー投稿すれば、晴れてAmazonギフト券1,000円分をゲットになります!

 

これならレビューを書いて1,000円貰うしかない!と、思うユーザーも多いでしょうね。

 

KASOTT充電式ワイヤレスマウスのレビュー・口コミが多く、評価が良い理由が良く分かった感じです。

 

評価するかしないかは購入者次第ですが、内容からすると消費者を騙す「ステマ(ステルスマーケティング)」であると言われても反論できないのではないかなと思います。

 

充電式ワイヤレスマウスということで、本体の性能も良く、こんなことをしなくても高レビューがとれそうなものですが、なんだか残念な気持ちになってしまいました。

 

たかだか1,000円のギフト券ごときに自分の信用を売るような安いオジサンではないのでレビューはしなかったのですが(これは本当です)、Amazonで載せられているKASOTT充電式ワイヤレスマウスのレビュー・口コミは、かなり怪しいと思った方が良いと思います。

 

ただ、Amazonでレビューをすれば、1,000円値引きになりますので、安く充電式ワイヤレスマウスを買いたい方は良いかもしれません。

 

考え方は人それぞれですしね。

 

充電式ワイヤレスマウスのセットの仕方と充電について

 

充電式ワイヤレスマウスセットの仕方

 

KASOTT充電式ワイヤレスマウスのセットの仕方と充電について書いてみたいと思います!

 

 

USBコードを使いマウスを充電

 

まずはUSBコードを使って、マウスを充電させることから始まります。

 

 

マウスの下部にUSB端子がりそこにさして充電

 

マウスの下部にUSB端子がありますので、こちらに差し込んで充電を行います。

 

 

ノートパソコンからUSB端子を経由してワイヤレスマウスを充電

 

ノートパソコンからUSB端子を経由してワイヤレスマウスを充電させている様子になります。

 

この写真だけ見ると、ワイヤレスマウスではなく、普通のコードのついたマウスに見えてしまいますよね(笑)

 

ちなみに充電中でもマウスを使用することが可能です。

 

 

充電中の合図はマウスのDPIボタンが青く発光して知らせる

 

充電中は、マウスのDPIボタンが青く発光いたします。

 

だいたい1時間くらいで充電は完了となりました。

 

 

マウスのDPIボタンが青く発光

 

そしてマウスの裏側にON・OFFのスイッチがありますので、そちらをONにすれば設定は完了でございます!

 

上時間マウスを使わない場合は、電源をOFFにした方がよさそうです。

 

ただ、動かさないと「省電力モード」になるみたいです。

 

 

KASOTT充電式ワイヤレスマウスの設定の仕方

 

KASOTT充電式ワイヤレスマウスの設定の仕方を羅列するとこんな感じになります。

 

パソコン等からUSBを使って充電する→DPIボタンの発光が終わったら電源をONにする→受信機をパソコン(ノートパソコン)に設定する

 

これで充電式ワイヤレスマウスの設定は終了ですので、誰でも簡単に使うことが出来ると思います!

 

 

無線マウス2.4G+BT(受信機)

 

そしてマウスの下部にあります「2.4G+BT(受信機)」ですが、こちらは取り外し可能になっております。

 

 

ワイヤレス無線マウスの受信機

 

こんな感じに受信機を取り外せます。

 

パソコンに付ける受信機をマウスに入れて持ち運ぶことが可能です!

 

 

取り外した2.4G+BT受信機

 

取り外した2.4G+BT(受信機)になりますが、パソコンのUSB端子に差し込むだけですぐに使えるようになるので非常に便利でございます!

 

受信機といっても、かなり小さいので邪魔になりませんよね!

 

むしろ、小さすぎて無くしてしまいそうな予感が・・・。

 

 

無線マウス受信機ジョイント用の部品

 

前述したジョイント用の部品が付属されておりますので、USB端子の口が合わないといったトラブルはないと思います!

 

KASOTT充電式ワイヤレスマウスは、オス型・メス型の端子で使用が可能ですので、自分でジョイント用部品を購入する必要はありません!

 

まとめ

 

始めて充電式のワイヤレスマウスを購入し使ってみましたが、電池がない分軽量なので、手首の負担低減に効果もありそうだな~と感じております。

 

また、クリック音もかなり静かですし、ホイルもサクサク動くのでストレスがありません!

 

しかしながら、電池とは違い、受電式のマウスは、受電が切れると一気に使うことが出来なくなりまして、「故障したのか!?」とビックリしてしまいました。

 

徐々に動作が悪くなるわけではなく、いきなり作動しなくなりますので、マメに充電した方が良いかと思います。

 

1回フル充電すれば、2週間くらいはもってくれております。

 

ただ、仕事で使うマウスですので、使用時間が12時間前後になりますので、普段使いなら1ヶ月くらいは充電しなくても使用できると思います!

 

レビューに関しては、公平性に欠け企業としての倫理観はないのかな?と思ってしまいますが、充電式ワイヤレスマウスとしましては、問題なく使用できてますし、むしろ性能が良いだけに残念です。

 

お金で良いレビューを買う行為をするお店で次回解体かと言えば、NOですので、これが壊れたら違うメーカーのを試してみたいと思っております。

 

 

 

www.anzairen.com

辛いパソコン業務で愛用している「めなり」というアイケアサプリについて書いた記事になります!

マウスのポインターを追うのが大変な方におすすめです!

夕方になるとマウスの操作がおぼつかない私の救世主だったりします(笑)

歳はとりたくないですよね。