自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

美味しい生パスタが食べたい!インペリアパスタマシーンで自家製生パスタを作ってみる!

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20171014204228j:plain

 

 

 

 

寒くなってくると、コッテリとしたものを食べたくなってきますよね~!!

 

「食欲の秋」とはよく言ったもので、この時期は美味しいものがお店に並び、欲望のまま食べ続けるとブクブク太ってしまいますよね・・・。

 

秋の味覚といえば「秋刀魚」ですが、今年は本当に高く驚いてしまいます。

 

先日、お店に出没してみると、1切れ250円で売っていて何度も値札を見てしまいました・・・。

 

250円ならお肉買ったほうが安いかも!?と思ってしまい、貧乏サラリーマン御用達の「鮭弁当」が「高嶺の花」になっておりました。

 

旬のものが食べられないというのは、本当に寂しいものだよな~とつくづく思ってしまいます。

  

www.anzairen.com

※秋刀魚・鮭の高騰の理由を解析してみた記事になります!良かったご参考にしてみてください!

 

今日は気温が下がり、11月の陽気らしく寒いくらいですが、夏場は敬遠してしまう「パスタ料理」もこの時期になると無性に食べたくなる誰かさんでございます!

 

私はクリーム系のパスタが好きなんですが、それこそ「鮭とホウレン草のクリームパスタ」なんか作ってくれた日には「ニャン♡ニャン♡」が始まってしまうと思います!!

 

「ニャン♡ニャン♡」がニャンだか気になりますが、昔、何を思ったか「パスタマシーン」を衝動買いしてしまい、今でも時々「自家製パスタ」や「自家製うどん」、「自家製蕎麦」を作ったりしております!

 

パスタマシーンは、日本の家庭ではあまり馴染みがない調理アイテムかと思いますので、どんなものかを少しご紹介してみたいと思います!

 

衝動買いしてしまったパスタマシーンがこちらになります!

 

 

f:id:aohige0718:20171014204436j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

名前は、インペリア新型パスタマシーンSP-150 6589oになります!

 

パスタマシーンは「手動」「自動」の2種類あるんですが、こちらは「手動型」になりまして、ハンドルをぐるぐる自分で回さないといけないタイプになります。

 

インペリアは、イタリアの企業になるのですが、こちらのパスタマシーンは、イタリア本国で作られております。

 

イタリアは、いわずと知れた「パスタの本場」ですので、そこで培ったノウハウが凝縮されたパスタマシーンになります!

 

このご時勢、だいたい中国や東南アジア製が多い中、メイドインイタリーには驚かされてしまいます。

 

パスタマシーンもさることながら、イタリには有名なブランドが多く「職人の国」でもありますからね~!

 

そして、パスタをはじめ、ピザやラザニア等、イタリアは「粉物大国」ですよね! 日本で言うならば「大阪」のような国になりますかね(笑)

 

こちらのインペリアのパスタマシーンを購入する際に迷った商品がこちらになります!

 

 

 

インぺリアよりも値段が少し高いんですが、機能的には変わらないかな~と思い購入いたしませんでした。

 

ちなみに、インペリアのパスタマシーンのスペックは、サイズが20.5cm×19cm×17.5cmになり、重さが3.3Kg前後と地味に重たいです。

 

このパスタマシーンを使って作れる料理はこんなのがあります。

 

生パスタ・うどん・そば・ラーメン・餃子の皮・シューマイの皮・春巻きの皮・ラザニアの皮・ピザ生地等々、粉形の物には大体作る事ができます。

 

材料が手に入らず作ったことはないのですが、「冷麺」も大丈夫だと思います!

 

そんな感じでパスタマシーンを使ってみての感想を書いてみたいと思います!

 

 

● 自家製パスタは美味しいです!

 

材料の手配から始まって分量の計量等がありますので非常に面倒臭いんですが、その労力以上の美味しさがあります。

 

市販されている「生パスタ」は非常に高いですが、その理由が良く分かる感じです。 パスタもさることながら、餃子の皮が非常に美味しくできるので、市販の物には戻れなくなります。

 

うどん、そばも何回か作りましたが、こちらはお店で食べたほうが美味しいな~と感じました。

 

やはり、うどん、そばをパスタマシーンで作るには無理があるかな~と感じます。

 

 

● カッターを変えると麺の幅を変える事ができます。

 

2種類ほど幅の違うカッターが付属されているんですが、こちらを買えることにより麺の切る幅を調整する事が出来ます。

 

f:id:aohige0718:20171014205626j:plain

うどんでしたら「きし麺」のように幅広な感じに出来ますので、好みや料理に応じて調整することが出来ます。

 

生パスタですと、「フィットチーネ(麺の幅が20mm~30mm)」が私の好みで、クリーム系のパスタと非常に相性が良いです!

 

付属品のカッター以外にも購入すれば色々な形に切る事ができますので、好みに応じて追加するのもアリかと思います!

 

 

● 耐久性が高いです!

 

流石、イタリア製のインぺリア!!と、思えるほど頑丈です。

 

購入してから7,8年くらい経ちますが、ほぼ錆びは発生してません。 カッターの切れ味も落ちてないので、凄いな~と感じております。

 

 

● 最初は掃除が必要です。

 

カッターやローラーに「カス」が付着していて初めて使うときに掃除をしないといけません。

 

体に害のない「潤滑油」のカスみたいですが、結構黒い物体が出てきます。

 

小麦粉に水を加えて練った物を、何度も何度もカッターやローラーに通せば綺麗になります。

 

忘れずに掃除をしてから調理に取り掛かってください!

 

 

● 机(台)を痛めてしまう恐れがあります。

 

付属されている万力を使ってパスタマシーンと机(台)を固定します。

 

f:id:aohige0718:20171014205717j:plain

小麦粉をローラーで伸ばす時に結構な力が必要ですので、シッカリと固定しないと危ないです。

 

f:id:aohige0718:20171014205850p:plain

 電動のパスタマシーンですと、そこまで固定しなくてもOKみたいなので、机(台)がない場合は、操作が少し面倒かも知れません。

 

万力にあて布をして固定していたんですが、それでも机に傷が付いてしまいましたので注意して下さい。

 

 

● 掃除が面倒です

 

風で粉が舞いますし、打ち粉の度に四方八方飛び散ります。

 

掃除がしやすいるローリングでの調理をお勧めいたします。

 

カッターやローラーにも粉が付着しますので、そちらも掃除をしなければなりません。

 

パスタマシーン本体と、カッターは水洗いできませんので、その点も注意して下さい!

 

 

パスタマシーンも一長一短ありますが、それでも1台あれば料理の幅が広がりますので、上述した料理が好きな場合にはお勧めなアイテムになります!

 

一人分を作るのは割に合わないかも知れませんが、パーティーの主役の料理を作ったり、皆でワイワイやりながら楽しい調理の時間を送る事ができると思います。

 

乾燥させるスペースがあれば、生パスタを干して保存する事もできますので、大量に作り置きしておくのもアリかも知れません。

 

ちなみにレシピについては、私のよりも他の方のほうが間違いないと思いますので記載は止めておきます。

 

私でも作れるくらいなので全然難しくございません!

 

最近あまり出番がないパスタマシーンですので、時間あるときに作ってみようかな~と考えております!

 

※生パスタを作る場合は、是非「デュラムセモリナ粉」で作ってみてください!普通の小麦粉よりも高いですが、味が全然違います!!