自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

秋川渓谷 瀬音の湯と和食だいにんぐ川霧に温泉と食事のセットで出没!

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170926174030j:plain

 

 

久しぶりに、東京都あきる野市にある「秋川渓谷」方面に出没してみました!

 

秋川渓谷には「温泉」があるもので、そちらを目当てに出没したんですが、昼間は蒸し暑かったものの、朝と夕方の涼しさにビックリいたしました!

 

涼しくなってくると、温泉の時間が格別になりますよね~(´∀`*)

 

翌日が「人間ドック」だったもので、温泉に入って色々と悪い物を退治しようと思ったんですが、いざ出没するとかなり混雑していて、そちらでもビックリいたしました!

 

 今回、温泉と食事のセットで出没したのは「秋川渓谷 瀬音の湯」と言いまして、名前の通り秋川渓谷沿いにある新しい温泉施設になります!

 

秋川渓谷は、「東京都」にある渓谷なんですが、あまり聞いたことが無い方も多いと思います。

 

口で場所を言うよりも、地図を見ていただいた方が早いので、添付したいと思います!

 

車でももちろん行けるんですが、JR武蔵五日市駅からもバスが出ておりますので、そちらについても後述したいと思います!

 

 

 < 秋川渓谷瀬音の湯地図 >

 

スポンサーリンク
 

 

 

f:id:aohige0718:20170926174047j:plain

 駐車場は無料で、結構広いものの、それ以上にお客さんが来ますので、一番混む夕方前に行くと直ぐに停めれない可能性があります。

 

駐車場から直ぐの所に無料の「足湯」があるんですが、こちらは瀬音の湯と同じ源泉かけ流し温泉です。

 

足を浸かるだけでも非常に温まりますので、私みたいにお金が無い人は「足湯」だけ楽しんで帰るのもアリかと思います(笑)

 

 タオルはありませんので、忘れずに持参してください!

 

人がいないときは、こちらの足湯に全身浸かってしまい、無料で温泉の気分を味わってみるのも面白そうですが、多分、警備員さんに捕まって追い出されてしまうと思いますf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20170926175315j:plain
f:id:aohige0718:20170926175420j:plain

 こちらが温泉の様子なんですが、非常に清潔でとても綺麗な内湯でした!

 

リンスインシャンプーにボディーソープは備え付けられておりますので、「使いたい放題」でございます。

 

普段、1回しか頭を洗わないのに、貧乏性が災いしてか、3回も洗ってしまった誰かさんです!

 

ほんと、貧乏って品が無くて嫌ですよね~~~・・・。

 

気になる瀬音の湯の温泉の成分は、アルカリ性単純硫黄温泉になりまして、pH10.1の高アルカリ性になります。

 

アルカリ性高い温泉は、肌にとても良いので「美人の湯」と呼ばれることが多いです。

 

こちらの瀬音の湯の泉質についても、同様かと思いますので、美を追求する女性やオジサンにとっては嬉しい効能ですよね!!

 

実際に入ってみると、お湯がまとわりつくような感じがし、肌が非常にスベスベしてきます!

 

お湯は、地下1,500mから湧出しているそうで、若干、硫黄の臭いがするんですが、透明でございます。

 

このトロトロしたお湯に驚かされると思いますし「温泉に来たいな~!ヤッホー!!」と、叫びたい気分になるかと思われます!

 

それぐらいお湯は素晴らしいと思います!

 

温泉の効能を一部挙げると、筋肉若、関節リウマチ、腰痛症、冷え症、胃腸機能の改善、高血圧、糖尿病、喘息、痔の痛み、自律神経不安定症、病後回復期、疲労回復、不眠症、うつ状態に効果があるそうです。

 

そして、 小さいですがサウナもありまして、約7~8名位は利用できると思います。

 

露天風呂も小さいながらありますので、秋川渓谷の流れを見る事もでき、沢のせせらぎが聞こえてくるので癒しを倍増させてくれます!

 

ちなみに、瀬音の湯の営業時間は、10:00~22:00(最終受付21:00まで)になっておりまして、比較的遅くまでやっております。

 

 

f:id:aohige0718:20170926180021j:plain

f:id:aohige0718:20170926180103j:plain

 こちらがJR武蔵五日市駅から瀬音の湯へ行く場合のバス停とバスの時刻表になります。

 

だいたい2時間に1本の割合でバスが出ている感じで、バスの料金は大人320円になります。

 

片道20分弱の道のりですので、ノンビリ景色を見ながらバスの時間を過ごすのもアリですよね!

 

 

f:id:aohige0718:20170926175005j:plain

※上記4枚の写真は秋川渓谷瀬音の湯より出典

 

そしてきになる秋川渓谷瀬音の湯の入浴料金なんですが、チョットお高めな大人900円になっております。

 

そして「3時間の時間制限」まであるので、なおさら「割高だよな~」って感じてしまいます。

 

3時間も温泉に入っている人はいないと思いますが、貧乏性な方が居るかも知れませんしね(笑)

 

入浴は3時間なんですが、入浴エリアの外にある休憩スペースは、時間制限がございませんので、その点、お間違いが無いようしてください。

 

  そして、夕ご飯を食べるお店を探すのも面倒なんで、瀬音の湯の中にある「和食だいにんぐ川霧」に寄ってみる事にしました!

 

  

f:id:aohige0718:20170926175636p:plain

※和食だいにんぐ川霧より出典

 

 店内も雰囲気が良く、店員さんのサービスも非常に良かったです!

 

和食だいにんぐ川霧の営業時間は、瀬音の湯の温泉の方とは少し違ってまして、


ランチタイム  11:30~15:00


ディナータイム 17:00~21:00(ラストオーダー20:30)


15:00~17:00は営業してませんので注意してください!

 

 

f:id:aohige0718:20170926174105j:plain

 18:00頃に行ったもので、4組ほど待っている状態で、和食だいにんぐ川霧の店舗の外にあるこんな所で待たせてもらいました!

 

 

f:id:aohige0718:20170926174129j:plain

 も~気分は東南アジア旅行!てな感じで、相方も喜んでおりました(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170926174142j:plain

 風呂上りのクールダウンにちょうど良かったです!

え???靴下が臭いよ???

 

まさにその通り!って感じですが、蚊がモリモリいるので素肌を出すのは微妙かもです。

 

紅葉の時期は、とても綺麗でしょうね~(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170926174217j:plain

 そんな感じで、私が食べたのが「若鶏の唐揚げご膳」でお値段が980円(ご飯大森100円含む)でございます!

 

モリモリ食べるワンパクなオジサンにとっては、量が全体的に少ないかな~と思われますが、味はとても繊細で美味しかったです!

 

唐揚げはどこも一緒!てな思いがあったんですが、こちらのは変に脂っこくなく、サッパリしていて唇につく油まで美味しく頂くことができました(?)

 

秋川渓谷は、これから紅葉の見頃を迎えますが、そのタイミングに合わせて今回の瀬音の湯でノンビリとした時間を過ごしつつ、和食だいにんぐ川霧で食事をして休日を満喫するのもアリかな~と思います!

 

売店で、秋川渓谷の地の野菜やお土産等も買えますので、近くにお越しの際は、温泉と食事のセットで「秋川渓谷瀬音の湯」にも出没してみて下さい!