自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

韓国断交の布石!?駐韓大使召還に思う事。

日本韓国日の出のいメージ

 

 

 

仲が悪い韓国との断交の布石か!?駐韓大使召還について

 

今日も寒いですね~~

 

陽気と同じように、いや、それ以上に日本と韓国の感情も冷え切ってますよね~

 

何処の世界もそうですが、お隣や近隣とはなかなか仲良くなれないのが常ですよね!

 

日本は、近隣にある韓国、北朝鮮、中国、ロシアと仲が悪いですが、実は世界に目を向けると、程度の差はあれ仲が悪い国同士があったりします。

 

有名なのが「ギリシャ」と「トルコ」になりますが、ここも領土問題を抱えていて非常に仲が悪い国として有名です。

 

メジャーな所ですと「フランス」と「ドイツ」も仲が悪いですし、「イギリス」と「フランス」も悪いですよね~

 

ニュース等で情報を仕入れ、世界地図を広げてみると、地政学的に仲が悪いのだろうな~と思える国が結構あったり致します。

 

そんな寒い中、少し話が変わるのですが、6日(金)~7日(土)にかけて、1泊2日(テント泊)で奥多摩の三条の湯と言う秘湯に身を寄せて湯治しておりました。

 

温泉に浸かって、日頃の疲れをリフレッシュすることに成功いたしました!!

 

小屋に宿泊できるんですが、万年貧乏の私にとってはそんなお金はないので、ケチケチテント泊で行ってきました!

 

腰の調子がイマイチでリハビリを兼ねて行ったんですが、流石「秘湯」と言う事だけあって良いお湯で体の芯から温まり、なんだか調子が良くなってきました!

 

結局、2回ほど入浴したんですが、合わせて3時間近くダラダラノンビリ湯船につかって極楽浄土を満喫しちゃいました(´∀`*)

 

駐韓大使召還のニュースと少女像について

 

そんな奥多摩の温泉での湯治の時間もあって2日間程、下界の情報が届かず、空白の期間になるのですが、家に戻りTVでニュースを観てみると「駐韓日本大使召還」を多くのメディアが取り上げていてビックリと言うか、

 

「ま~そうだよな~むしろ、駐韓大使召還は遅いくらいだよな。」

 

っと、色々な感情が込み上げてきました。

 

大使召還は、時代が時代なら「国交断交」とほぼ同じ意味ですからね~

 

ま~例の国に多くある「少女像の撤去」も進まない中での新設ですから、流石の日本人もこれには怒りますよね~・・・。

 

これまでの韓国との外交の流れを見ていると、とても約束を守る国ではない事は周知の事実ですから、「10億円」と言うお金を拠出し、それを利用して「アノ国」の反日活動を防ぐとするならば安い金額なのかもしれませんよね~!

 

韓国国内で世論が分かれ、揉めれば揉めるほど世界の信用が低下し、日本にとって何のメリットもない「スワップ」もやらずに済むならば御の字ですよね!

 

今回の駐韓大使召還は、まさに韓国との断交の布石かも知れないな~と思ってしまったニュースでした。

 

韓国は、お隣の国ですので、簡単に断交は出来ない部分がありますが、それでも国と国との大人のお付き合いが出来ないなら、「縁を切る」のも1つのて手かと思ってしまいます!

 

 

日本との断交した場合の韓国経済のデメリットについて

 

韓国の銀行や主要産業の株の大半は、通貨危機などを経て欧米系が握っている状況ですが、だいぶ外国資本が撤退しているという話も有りますので、今後、何かアノ半島で大きな動きがあるのかも知れませんよね。

 

トランプさんが大統領に就任前後が一番混乱するでしょうから、その近辺で紛争などが起こらなければ良いよな~っと思っております。

 

また、韓国製の中に使われている大事な部品(資本財)は、ほぼ日本製と言われております。

 

バブルの頃は、アメリとか日本は「貿易摩擦」で対立し、色々と痛めに遭ったことを覚えている方も多いのではないでしょうか!?

 

この「貿易摩擦」を防ぐうえでは、日本が貿易という矢面に立たず済みますので、韓国が良い防波堤かな?と思っていたのですが、別に韓国にこだわる必要はもなく、それも他の国で同じような事をすれば全く問題ありませんしね。

 

よ~は「組立工場」は、ある程度インフラが整ってさえいれば、何処の国出来るという事ですので、仮に韓国と断交したとしても、日本経済はそれほど影響がないと思われます。

 

むしろ、大事な製品の基幹材料が日本との断交によって入ってこないと、韓国経済が困ってしまうと思われます。

 

ギャーギャー根も葉もないことで煩い事を騒ぐ国にやらせるくらいなら、「親日国」でやったほうがお互いWINWINな関係を築くことが出来ますよね!

 

福沢諭吉さんの脱亜入欧(脱亜論)について

 

一万円札でお馴染みの「福沢諭吉さん」が唱えていたと言われる「脱亜入欧」が今の時代でも色褪せない言葉だよな~っと個人的には思っております。

 

脱亜入欧につきましては、簡単に書くと、日本の近隣の国とはお付き合いをせず、欧米各国の進んでいる国と仲良くなって日本の国力を高めましょう!という意味になります。

 

このことから、

 

昔の人は人(国)を見る目がありますよね~・・・。

 

 

そして、今も昔も日本の近隣諸国は、全然変わっていないことに驚かされるというか、失笑してしまいまう誰かさんでございます!

 

まとめ

 

今を生きる私達も、先人の知恵を借りて、色々な問題を解決し、住みよい日本を作っていかないとイカンよな~~っと思わされた駐韓大使召還のニュースでした。

 

韓国とは、お隣りの国同士ですし、上手く付き合いたいと思う反面、あの国とはいくらコッチが引き下がっても上手く行く事はないんでしょうね~~・・・

 

上述したとおり、韓国と断交したとしても、それほど大きな影響はないかと思いますので、駐韓大使召還したあとの動きを見ながら、じっくりと外交問題を解決するのが日本にとってはプラスの事なのかもしれませんよね。

 

このまま韓国と本当に断交へ進んで行くのか、今後のニュースに目が離せない誰かさんでした!