自由気ままにアンザイレン

自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

秘湯中房温泉!北アルプスの麓に湧きだす名湯に癒されて

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170528162935j:plain

 

 

 

今日から6月に突入ですね~

 

 

月日が流れるのは本当に早いですよね・・・。

 

 

体が暑さに慣れていないみたいで、既にグッタリしているんですが、このままだとヤバそうなんで、濃い体毛を「夏毛」にしなくちゃ♡と息巻いている誰かさんです。

 

 

人体とは不思議なもので、体温調整にとって邪魔な「ムダ毛」を一時的で構わないので抜けるようにすれば良いものの、何故か暑くなると益々ムダ毛が濃くなる現象が私の体には起こります。

 

 

多分、暖かくなると、一斉に「発芽」するんだと思ってます( ゚Д゚)

 

 

も~ワカメと言うよりは、昆布の草原ですもん♡

 

 

ヒゲを剃り終ったと思い鏡で確認するとら、既に「こんにちは~♪」てな感じで「伐り株」から「青い妖精」が姿を現してくれます。

 

 

そんな「青い妖精」と毎朝格闘している私なんですが、日々「ヒゲ剃り」と言う過酷な戦いで疲弊している「口の周りの黒い泥棒」を癒すべく、こんな温泉に出没致しました!

 

 

「日本の屋根!」と呼んで相応しい「北アルプス」の麓になる、「中房温泉有明荘」でございます!

 

中房温泉は、登山者にとってはかなりお馴染みだと思いますが、北アルプスの大動脈「表銀座縦走路」の起点になっているところでございます!

 

一見、「宿・ホテル」な感じに見えますが、こちらは「国民宿舎」としての括りになります。

 

 

これからのシーズンは、登山者で大賑わいな所なんですが、普段の疲れは勿論、ハードな山登りで痛めつけた体を癒してくれる大変素晴らしい温泉が点在しております!

 

 

ちなみに中房温泉の場所はこんな所にあります!

 

 

 <地図>

スポンサーリンク
 

 

 

北アルプスの「燕岳」の登山口の付近にあり、まさに「秘境温泉」でございます!

 

 

地図の通り、中房温泉は標高は1,400m前後の所に位置し、山深い場所ににあるんですが、お風呂は源泉掛け流し100%本物の天然温泉になっております!

 

 

いたるところから「硫黄」の香りがプンプンするので、思いっきり「スカシ」をこいてもバレることはございません!!

 

 

これほど、尻の奥底に隠れている「梅干の種」が緩い人間にとって、嬉しいことはございません!!

 

勿論、「3秒前からのカウントダウン」も不要ですので、思う存分やっちまってくださいませ♡

 

 

なんだかよからぬ事を企てている感じですが、温泉はこんな感じでございます!

 

 

f:id:aohige0718:20170528162956j:plain

 

シャンプー・リンスにボディソープも使い放題で、無駄に3回も4回も洗いたくなってしまう、貧乏性な誰かさんです(笑)

 

 

 非常に綺麗な温泉で、掃除が行き届いており、気持ち良く入浴することが出来ます!

 

 

勿論、トイレも綺麗で(トイレが汚いと萎えますよね)非常に好感を持てる感じでした!

 

 

 

f:id:aohige0718:20170528163011j:plain

 

 露天風呂の様子なんですが、「銀奴」が居るかな~っと思いドキドキしたんですが、残念ながら私だけの「貸し切り個人風呂」でした(涙)

※「貸し切り家族風呂」等はやっておりません。また、混浴でもございません。

 

 

温泉も、湯の花がモリモリで、最初、

 

 

「私の垢?それとも気づかぬうちに脱皮してしまったのか!?」

 

 

と思ってしまうほど カス 湯の花が浮いておりました!!

 

 

「これ以上、美しいオジサンになったら困るな~・・・。これで、電車で私の隣の席が空いたら若い女性も座ってくれるかな♡」

 

 

と、ほくそ笑んでしまいました(笑)

 

 

ちなみに、気になる入浴料金ですが、こんな感じになっております!

 

f:id:aohige0718:20170601223900j:plain

※中房温泉有明荘より出典

 

 

 

有明荘よりも、さらに上にある温泉は、こちらよりもお値段が少し高いです。

 

駐車場も広いんですが、登山者の車がそれ以上に多いので、「停められない」ってな事もあるかも知れませんので、その時は「有明荘」の方が穴場で良いかもしれんな~と思います!

 

 

入浴者も、それほど多くないので、静かにのんびり過ごせるかと思われます!

 

折角の源泉かけ流しの温泉ですし、脚を延ばしてカエルのように泳ぎたいですしね!(?)

 

場所が場所なだけに、一年中営業しているわけではなく、例年ですと4月20日前後から11月25日位までの営業期間になっております。

 

 

この辺の紅葉の見頃が、だいたい11月上旬位ですので、それが終わると営業も終了になる感じです。

 

 

ま~雪が大変多いところですので、「辿り着けない」てのが理由なんだと思います!

 

 

今の時期は「新緑」も綺麗ですし、色とりどりのお花が咲くころですので、少し遠出して自宅な時間を味わってみるのも、「自分へのご褒美」になりますよね!

 

 

最近、加齢により体がボロボロなんで、温泉にノンビリ浸かって癒されたいな~と思っている今日この頃でした!