自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

華らんたんで長崎皿うどんで大崎ランチ!ちゃんぽんも美味です!

華らんたんで長崎皿うどん

 

 

華らんたんで長崎皿うどんを食べに大崎駅出没!

 

若いころから長崎皿うどんとちゃんぽんが大好きなもので、「フィンガーハット」に良く出没しておりました!

 

リンガーと書ければ簡単なのですが、大人の事情もありそうなので少しボカシてみたのですが、それくらい長崎皿うどんとちゃんぽんが大好きな誰かさんでございます。

 

昔は「ちゃんぽん」の比率が高かったのですが、最近は「皿うどん」の方をよく食べるようになりました。

 

皿うどんを食べていると、隣で美味しそうにチャンポンをすする年季の入ったおじさんの姿を見ると「やっぱりチャンポンにしておけば良かった」と後悔することもあったり致します。

 

それでも、あのカリカリとした皿うどんの麺と、トロミがきいた餡掛けとの相性が抜群で、ついついちゃんぽんを差し置いて皿うどんを注文してしまいます。

 

そんなあんかけ焼きそばが好きな私なのですが、ここのところ良く出没しているのが「華らんたん」というお店になります。

 

東京のJR大崎駅の中に華らんたんは営業しているのですが、その周辺に出没する時にかなりの確率で華らんたんの長崎皿うどんを食べている感じです。

 

お店の立地も良く、具だくさんで味の方もお気に入りで、家の近くにあれば「週一」のペースで出没してしまいそうな感じななのですが、今回は愛してやまない「華らんたん」の皿うどんについて書いてみたいと思います!

 

 

華らんたんの場所・営業時間・定休日について

 

 

こちらが華らんたんが営業している東京の大崎駅になります。

 

大崎駅周辺も再開発が進んでいて、数年前とは比べ物にならないほど発展を遂げている街になります。

 

大崎駅周辺は、「オフィス街」になるのですが、そのわりには飲食店が少なく、ランチの時間帯になるとどのお店も大混雑いたします。

 

そして華ランタン大崎店の営業時間ですが、平日は7:00~22:00までになっております。

 

土、日、祝日は8:00~20:00までになっております。 

 

定休日はありませんので、年中やっております。

 

朝は「モーニングセット(朝食セット)」もやってまして、500円以下で朝の定食を食べることができます。

 

朝は非常に忙しい時間帯ですが、華ランタンの朝食セットは、注文すると直ぐに出てくるので、個人的には評価が高いモーニングのお店の1つになります。

 

 

華らんたんの皿うどん・ちゃんぽんの美味しい食べ方と金蝶ソースについて

 

華らんたんで長崎皿うどんメニュー

 

華らんたんの席に着くなり目の前に飛び込んでくるのが、こちらの「皿うどん・ちゃんぽんの美味しい食べ方」になります。

 

本場長崎の食べ方になるのかな~って感じですが、色々な調味料を組み合わせて皿うどん・ちゃんぽんを食べると、味が変わって美味しいですよ~てな内容になっております。

 

華らんたんの長崎皿うどんで忘れてはいけない調味料の1つが「金蝶ソース」かと思います!

 

金蝶ソース

 

こちらが華らんたんのカウンターに置かれている調味料一式になるのですが、右奥に鎮座しているのが「金蝶ソース」になります!

 

「皿うどん・ちゃんぽんの美味しい食べ方」にも記載の通り、味に変化をつけたい場合にお勧めですので、華らんたんに出没した時は忘れずに挑戦してみてください!

 

サッパリとした皿うどんに、コクと旨味が追加されるので、個人的にいは好きな調味料の1つでございます。

 

皿うどんにお酢をかけて食べるのも美味しいですが、 金蝶ソースは、また違った美味しさがあります!

 

華らんたんの長崎皿うどんの値段と味について

 

皿うどん

 

こちらが今回注文した、華らんたんの皿うどんになります!

 

単品で税込800円になります!

 

華らんたんのお店の入口に「券売機」が置かれてますので、そちらで食べたい食券を購入する形になっております。

 

お腹に余裕があれば「セットメニュー」も充実してますし、餃子などのサイドメニューもありますので、色々試してみても良いかもしれません。

 

若いころは、単品の皿うどんですと、少し物足りない感じだったのですが、最近は調度よいです。

 

経済的なお腹になって助かるのですが、も~若くないのかもしれませんね。

 

なんだか複雑な感情が芽生えてしまいました(笑)

 

 

皿うどんアップ

 

 こちらは、先ほどの度紹介した調味料の金蝶ソースをかけた写真になります!

 

皿うどんの味がガラッと変わり、とても美味しくなります!

 

全体にビチャビチャと金蝶ソースをかけるよりは、1/3くらいにした方が、美味しく食べれるかな~と思います。

 

私の場合、そのままで1/3、金蝶ソースで1/3、お酢で1/3で皿うどんを堪能するようにしております。

 

 華ランタンは、カウンターのみのお店になってまして、席数も20席位と狭いのですが、終日禁煙ですし、季節ごとに「限定商品」を投入したりと、飽きさせない工夫をしております。

 

前々回だかに「焼き皿うどん」の季節限定品を注文したのですが、残念ながら私の口には合わなかったのですが、皆さん注文しておりました。

 

リピーターが多いお店なのではないかな~と思っているのですが、そんな常連客向けに開発しているのかもしれませんね。

 

大崎ランチの混雑について

 

冒頭でも少し触れておりますが、大崎駅周辺は飲食店が少ないものの、オフィス街ですので人が多く需要と供給のバランスが悪い地域になります。

 

ランチもそうですが、アフターファイブの呑み屋さんも少なく、圧倒的に飲食店が足りない状況なのが大崎周辺になると思います。

 

少ない飲食店に多くのお客が集中しますので、ランチの時間帯はかなり混雑いたします。

 

近かい出没した華ランタンは、大崎駅の中に入っているお店になりますが、駅の利用者が多く使うので、絶えず混んでいる感じです。

 

華ランタンの場合、ランチタイムの11:30~13:30まで大混雑し、待たされることもしばしばです。

 

大崎ランチの場合、この時間帯はどのお店も混むと思って臨んだ方が良いかと思います。

 

オフィス街ですので、13:00過ぎるとお店の待ち時間もだいぶ短縮できますので、11:00からの入店か、13:00過ぎの入店が混雑が少なく過ぎに食べれると思います!

 

ま~この11:30~13:30までのランチタイムの混雑は、どの地域も一緒なのかもしれませんよね。

 

しかし、大崎のランチは、他の地域よりも強烈かなとお感じております。

 

大崎駅から少し歩きますが、五反田駅や北品川駅でランチを食べた方が、まだ空いていると思います。

 

まとめ

 

フィンガーハットの皿うどんも好きでよく食べているのですが、こちらの華ランタンの方が具だくさんで味の方もやや薄味で私好みでございます!

 

お金があるときは、サイドメニューの王道「餃子」を注文してしまうのですが、華ランタンの餃子も中々美味しいです!

 

餃子がついたセットメニューもありますので、懐が温かく、お腹ペコペコの時に重宝すかと思います!

 

皿うどんの記事を書いていたら、無性に食べたくなってきました!

 

東京の大崎に行く元気はありませんので・・・自分で作ろうかしら!?

 

皿うどんの調理の腕を上げて「ヒィンガーハット」を立ち上げ成り上りたいと思った今日この頃でした(笑)