自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

北野工房のまち神戸の詳細と神戸ムスリムモスク見学!アクセス・駐車場の詳細

神戸ムスリムモスク

 

 

 

北野工房のまちと神戸ムスリムモスクを見学した経緯について

 

今回は、神戸観光の目玉の1つになるかな~と思われる「北野工房のまち」「神戸ムスリムモスク」の2本立てで記事にしたいと思います!

 

久しぶりに、今年の2月に神戸の方に観光で出没したのですが、今回は神戸異人館などがある三ノ宮周辺をウロウロしようと計画した感じです。

 

神戸観光と聞くと、六甲山からの夜景や、神戸ベイエリアを連想するかと思いますが、三ノ宮駅から北側周辺にも見所が多い感じです。

 

折角神戸に行くのだからと思い、色々と下調べして望んだのですが、その過程で目に留まったのが「北野工房のまち」と「神戸ムスリムモスク」になります。

 

両方とも、とても近くにありますので、アクセスが良好だったことも影響しております。

 

限られた時間で観光しなければなりませんので、「移動時間」をどれだけ短縮できるかが大事な要素になりますよね!

 

神戸観光の中でも、今回ご紹介する「北野工房のまち」と「神戸ムスリムモスク」と併せて「北野異人館」を絡めると、とても効率的に観光できると思います!

 

そんな感じでまずは「北野工房のまち」について掘り下げてみたいと思います!

 

北野工房のまちの場所と営業時間、定休日、駐車場、アクセスについて

 

 

こちらが今回出没した北野工房のまち周辺の地図になります。

 

地図のとおり、神戸三宮駅から北の方に位置しておりまして、徒歩で15~20分ほどの場所になります。

 

ここで北野工房のまちへ徒歩で訪れるに辺り注意して欲しい点としてあるのが「坂道」になることです。

 

地味にキツイ斜面になりまして、ジワジワと体力を削り取っていきます。

 

暑い季節の場合は、かなり辛い時間になってしまいますので、バス等の利用がベストになります。

 

神戸市内を走る、真っ赤な2階建てバスの「スカイバス神戸」も、最近立ち寄りが始まり、駐車場に乗り場が出来てさらに便利になったみたいです!

 

そして北野工房のまちの営業時間ですが、10:00~18:00までになっております。

 

定休日につきましては、年中無休になります。

 

しかしながら、小さな店舗の集合体になりますので、各店舗毎バラバラな定休日になるかと思います。

 

そして、北野工房のまちの駐車場ですが、店舗の裏に広い敷地をゆうしてますので、大型バスも駐車可能です!

 

私が出没したときも、大型バスが数台駐車してましたので、神戸観光で立ち寄るルートになっているんだな~と感じました。

 

なお、バスの駐車は、事前の予約が必要になると記載がありまして、公式ホームページに予約フォームがあるそうです。

 

普通自動車の駐車料金は、曜日関係なく30分300円になっております。

 

こちらの駐車場は、北野工房のまちが運営しているものではなく、「タイムズ」になりますので、お間違えのないようにしてください。

 

?

北野工房のまちの店舗の様子について

 

北野工房のまち

 

そんな感じでこちらが北野工房のまちの入口になります!

 

名前だけ聞くと、世界の巨匠北野氏が手掛ける工房だと思ってしまいますよね!

 

きっと、この工房で「コマネチ」が生まれたのかもしれません(?)

 

 

装飾がされた北野工房のまち

 

コマネチ♡より怪しげな装飾がされた北野工房のまちでございます。

 

やっぱり、工房と名前がつくだけの事はありますね~

 

 

北野☆工房のまち

 

こちらの看板には「北野☆工房のまち」と記載されてました。

 

きっと、ダイアモンド☆ユカイ氏的な感じなんでしょうね。

 

 

北野工房のまちの中の様子

 

こちらが北野工房のまちの中の様子になります。

 

平日に訪れたもので、お客さんよりも店員さんの方が多く、なんだか言葉にならないプレッシャーがモリモリでした。

 

 

北野工房のまちは、小さなお店の集合体

 

写真のとおり、北野工房のまちは、小さなお店の集合体になります。

 

集合体というよりは、商店街と言った方が分かりやすいですかね。

 

 

北野工房のまちの2階の見取り図

 

こちらが北野工房のまちの2階の見取り図になります。

 

2階にカフェがありまして、休憩する事ができます。

 

3階は、一般公開されてませんでした、お店の倉庫や会議とかが出来るフロアーな感じでした。

 

ちなみに2階の方が、「工房」らしく、クラフト作りが出来るお店が多くありました。

 

 

北野工房のまちの1階の見取り図

 

写真がブレてしまいましたが、こちらが北野工房のまちの1階の見取り図になります。

 

2階とは雰囲気が変わり、神戸のお土産が一堂に会するショッピングエリアな感じになってました。

 

しかしながら、販売されてる商品を見ると、どれも三ノ宮駅周辺で直ぐに買えるものばかりでしたので、チョッと残念な品揃えでした。

 

北野工房のまちではないと買えないお土産を扱わないと、中々商売としては難しいのではないかな~と思ってしまいました。

 

 

北野工房のまち昔使われていた小学校を改築

 

北野工房のまちは、昔使われていた小学校を改築して作られております。

 

なんとなく歴史を重ねた小学校の雰囲気が残っていて、ノスタルジックな気分にさせてくれます。

 

 

北野工房のまちの2階日本で唯一のマッチの専門店

 

 北野工房のまちの2階には、日本で唯一のマッチの専門店があります。

 

知らなかったのですが、マッチは兵庫県の地場産業になっているそうです。

 

もしかすると、マッチ売りの少女は、神戸の北野界隈でウロウロ押し売りをしていたのかも知れません(笑)

 

 

北野工房のまち出口付近

 

見所は少ないかな?と思って入った北野工房のまちですが、地味に時間を潰すことが出来ました。

 

トイレやベンチもありますので、神戸観光の休憩地として利用価値が高いと思います!

 

?

神戸ムスリムモスクの場所と駐車場について

 

神戸ムスリムモスクの正面

 

北野工房のまちに引き続きまして、今度は神戸ムスリムモスクについて書きたいと思います!

 

こちらが神戸ムスリムモスクの正面になるのですが、なんだか口を開けた動物?怪物?みたいな感じですよね(笑)

 

 

 

そしてこちらが神戸ムスリモスク周辺の地図になります。

 

地図のとおり、上述した北野工房のまちから歩いて3分前後のところに神戸ムスリムモスクはございます。

 

モスク周辺の道路に案内板が結構ありましたので、初めて訪れても迷う事はないかな~と思います。

 

また、モスク内に駐車場があったのですが、礼拝者以外は駐車禁止になっておりました。

 

結構広い駐車場でしたので、ついつい停めたくなってしまいますが、警備員?みたいな方もいましたので、それなりに無断駐車対策をしているのかな~と思いました。

 

神戸ムスリムモスクの見学と入館料、歴史について

 

神戸ムスリムモスクの見学につきましては、宗派問わず誰でも内部を見る事ができます。

 

モスク入館料につきましても無料になっております。

 

日本人にとってはあまり馴染みのないモスクを無料で見学できるのは嬉しいところですよね!

 

神戸ムスリムモスクの見学注意点

 

こちらが神戸ムスリムモスクの見学をする上での注意点になりますので、ご参考になれば幸いです

 

神戸ムスリムモスクですが、宗教的な問題になるのか、館内の見学は男女別々になっております。

 

男性が1階になりまして、女性は2階の見学となっておりました。

 

また、男女問わず(特に女性)、肌の露出を控える必要がありますので、見学を希望する場合は、それなりの服装で訪れなければなりません。

 

宗教施設になりますので、マナーを守ることは重要ですよね!

 

そして大人数で見学を希望する場合は、事前に予約が必要になるそうです。

 

今回、時間がなかったのでモスク内の見学はしなかったのですが、館内から音楽が流れ、インド人系?の方が多くいらして独特な空間になっておりました。

 

そんな神戸ムスリムモスクですが、実は日本で一番古いモスクになります。

 

日本に住むインド人等が出資し合い、1935年に建てられた歴史のあるモスクになるのですが、地上3階地下1階のコンクリート造りになるそうです。

 

相当頑丈に造ったみたいで、大東亜戦争の神戸空襲にも耐え抜き、記憶に新しい阪神淡路大震災の激震にも倒壊を免れたモスクになります。

 

阪神淡路大震災の時には、神戸ムスリムモスクが被災者の収容場所としても活躍したそうです。

 

やはり何か不思議な力で守られれているのかしら!?と、思ってしまう歴史ある神戸ムスリムモスクになります。

 

神戸ムスリムモスクの写真について

 

神戸ムスリムモスクの入口

 

こちらが神戸ムスリムモスクの入口になります。

 

なんだかピリピリとした空気が漂ってきました。

 

カレーで例えると中辛かな?てな感じでした(?)

 

 

神戸ムスリムモスクの入口口を開いた動物

 

やっぱり、口を開いた動物に見えますよね!

 

やけにスキッ歯な怪物ですが、そんな歯槽膿漏気味な姿に惚れてしまいました(笑)て、怒られちゃいますかね!?

 

 

横から神戸ムスリムモスクの入口

 

横から神戸ムスリムモスクを見ると、スキッ歯だけではなく、顎まで出ていることを知ってしまいました・・・。

 

猪木さんもビックリなモスクですよね~・・・。

 

 

神戸ムスリムモスク玉ねぎのような屋根

 

 玉ねぎのような屋根を見ると、やっぱりモスクなんだな~と思ってしまいました。

 

写真だとアレですが、非常に大きく立派なモスクでした。

 

 

神戸ムスリムモスクの礼拝堂入口

 

 こちらが神戸ムスリムモスクの礼拝堂い入口になるそうです。

 

この近くにモスクの見学受付があります。

 

少し入りにくいですが、見学は非常に優しく受け入れてくるそうです。

 

見学については、非常に評判が良いので、安心して礼拝堂を見ることが出来ると思います。

 

北野グロサリーズ・LE PAN北野地区のおすすめ店舗について

 

KITANO GROCERIES

 

神戸ムスリムモスクの直ぐ近くで営業している「KITANO GROCERIES」になります。

 

 

北野グロサリーズ輸入食料品店

 

北野グロサリーズは「輸入食料品店」になるのですが、日本のスーパーでは見かけない面白い商品で溢れております!

 

旨いのか不味いのか良く分かりませんが、地域的に「ラハール認証」を受けた商品が置かれてました。

 

買わなくても見ているだけで楽しいお店ですので、神戸ムスリムモスクにお越しの際には、店内を覗いてみてください!

 

 

パンの名店LE PAN

 

そしてこちらが神戸ムスリムモスクから5分ほどの所にあるパンの名店LE PANになります。

 

神戸の北野地区は、高級住宅街パン屋

 

神戸の北野地区は、高級住宅街になりますので、ハイグレードな方達が住む場所で営業しているパン屋さんになります。

 

店舗の中を見ると、マダムと思しき方しかいない状況でして、私みたいな貧乏丸出しのおっちゃんが入ってはいけないお店だと察し、そこそこと退散いたしました・・・。

 

LE PANの外は香ばしいパンの匂いに包まれてまして、人気があるのも頷ける感じでした。

 

 

北野地区交番

 

LE PANから直ぐの所にある交番になるのですが、流石、高級住宅地である北野地区でございます。

 

交番もお洒落な感じになってまして、思わず写真を撮ってしまいました!

 

なんだかフクロウのオブジェが印象的だった交番になります。

 

 

北野地区豪邸

 

 何だか分かりませんが、素晴らしい豪邸がありました!

 

私も「アオヒゲ真理教」を盛り上げて、お布施をモリモリゲットし、こんな豪邸に住みたいです!て、罰当たりですかね(苦笑)

 

北野工房のまち、神戸ムスリムモスク周辺は、見ているだけ飽きない豪邸ばかりで、ウロウロ散策するのもアリかと思います!

 

まとめ

 

神戸北野界隈は、異国情緒溢れる観光名所が多く、ブラブラしていて全く飽きない時間になりました。

 

洋風建築が多い神戸の中で、モスクがある景色も新鮮でした!

 

北野工房のまち・神戸ムスリムモスクは、神戸観光においては少しマイナー感がありますが、それでも個人的にはおすすめスポットでございます!

 

また、日本では中々お目にかかれない外国産の食材を扱っているお店が地味に楽しく、物は試しと数点買っておけば良かったな~と今頃になって後悔している誰かさんです・・・。

 

神奈川に住む私にとっては、神戸は中々簡単に出没できるエリアではないですが、また、独特の異文化を感じに再訪出来たらな~と考えております!

 

www.anzairen.com

www.anzairen.com

北野工房のまち・神戸ムスリムモスクから近くにある北野異人館について書いた記事になります!

 

風見鶏の館、萌黄の館について詳しく書いてますので、良かったら参考にしてみてください!

 

www.anzairen.com

北野工房のまち・神戸ムスリムモスクから徒歩3分前後のところで営業している人気ピザ屋さんであるアズーリに出没してきました!

 

非常に美味しいピザを提供してくれますので、おすすめの神戸グルメになります!

 

北野工房のまち、神戸ムスリムモスク、北野異人館、アズーリのピザのルートが、私の神戸観光のおすすめルートでございます!