自由気ままにアンザイレン 

出会った景色や、普段感じた事を素直に綴っていきます。

腕時計ケースおすすめ!見せる収納と腕時計の正しい保管の仕方!

イギミ(IGIMI)腕時計収納ケース

 

 

 

腕時計ケースを見せる収納で管理について

 

部屋が狭いので、不要物をモリモリ捨てて、年末までには「ゴミ屋敷」から卒業を目論んでいる誰かさんです!

 

とりあえず、ブログの記事を書いているパソコン周辺と、机の整理をしているのですが、思った以上に時間が掛かっております。

 

荷物を整理していると、腕時計の置場に困ってしまい、どうしようかと悩んでしまいました。

 

腕時計は、精密機器ですので、そこらに置いて置く訳には行きませんしね。

 

購入時の腕時計ケースに入れておけば間違いないんでしょうけど、毎日使うものですので、いちいち保管するのが面倒臭く・・・。

 

面倒臭いけど、シッカリと腕時計を保管しないと故障の原因になりますので、非常に悩ましい時間になりました・・・。

 

数多く腕時計を持っているわけではないのですが、ここは1つ纏めて綺麗に収納してみようと思い、「腕時計ケース」「おすすめウォッチケース」「腕時計収納箱」のキーワードで検索してみる事にしました。

 

すると、世の中には色々な腕時計ケースが発売されていてビックリしてしまいました!

 

腕時計ケースで調べいくと、お値段以上の「ニトリ」でも売っているらしく、そちらにしようか悩んだのですが、家の近くに店舗がなく、泣く泣く違うメーカーの物を選ぶことにしました!

 

色々と腕時計ケースについて調べた結果、今回はこちらの時計収納ボックスを購入し見せる収納をしてみる事にしました!

 

 

イギミ(IGIMI)腕時計収納ケースの詳細について

 

イギミ腕時計収納ケース

 

こちらが今回購入した、イギミ(IGIMI)腕時計収納ケース本3収納木製ウォッチボックス ケース になります!

 

蓋の部分が透明なプラスチック(ガラス?)になってまして、収納した時計をそのまま見る事が出来る作りになっております!

 

忘れっぽい私なもので、この箱に何が入っているか忘れてしまい、そのままゴミに出してしまう恐れがありますので、中身が見えるこちらに致しました!

 

腕時計ケースの大きさになりますが、縦が21cm、横が12cm、高さが7.8cmになっております。

 

こちらの大きさで腕時計が3本収納することが出来ます!

 

腕時計収納ケースの重さも900gですので、持ち運びも容易に出来ます!

 

また、収納ケースの中身(腕時計)が見えない蓋のバージョンもありますので、この辺は好みになるかもしれません。

 

 

イギミ(IGIMI)腕時計収納ケースLED内臓ソーラー時計充電機能付きウォッチボックスについて

 

 

私が買ったイギミの腕時計収納ケースには、LEDライトが搭載されているモデルも売ってい驚いてしまいました!

 

上述してます通り、イギミの腕時計収納ボックスには、私が購入した透明な窓が付いているタイプと、蓋が全面木材が使われて中身が見えないモデルがあります。

 

ソーラー電池内蔵の時計の場合、収納ボックス内に光が入りませんので、充電する事ができません。

 

ソーラー式の腕時計を暗所に保管していると、充電が切れてしまい、使いたい時に直ぐに使えな可能性がありますよね。

 

長時間時計を保管しなければ問題ありませんが、そんな弱点を考慮したのが、こちらのソーラー時計を充電しながら保管が出来る腕時計収納ケースになります。

 

LEDは1年間保証付き になってまして、時計の収納場所ごと(計3個)ライトが配列されていて、好きな場所のみ照らすことが出来ます。

 

機械式、ソーラー時計、クォーツ時計の同時保管も出来ますので、考えられた作りになっております。

 

高機能な分、お値段が・・・なのですが、ソーラー時計を持っている場合は、LEDライトが付いているモデルの方が良いかも知れません。

 

 当初、腕時計が5本くらし収納できるケースが欲しかったのですが、今回購入した「イギミの腕時計収納ケース」は、3本以上になると高価なモデルになってしまい、貧乏な私には手が出ない感じになっております。

 

色々と腕時計収納ケースについて調べた結果、非常に迷った商品がこちらになります!

 

seyococogi腕時計アルミ製収納ケースについて

 

 

非常に迷った、seyococogi腕時計アルミ製収納ケースがこちらになります!

 

お値段もリーズナブルな収納ケースになってまして、5本の時計を収納できるので、非常に迷ってしまいました。

 

外装も、なんだか堅牢というか、マフィア映画に出てきそうなメタリックな収納ケースに心惹かれてしまいました。

 

時計ではなく、白い粉が入っていたら色々と問題になりそうですよね(笑)

 

結局、この腕時計の収納ケースと10年後の年老いた私とで吊り合うことが出来るのか!?と、自問自答した結果、チョッと微妙かな~と思い、購入に至らなかった感じです。

 

比較的若い世代が使うには良い商品かと思いますが、中年以降の方が収納するにはチョッと若々しすぎるかな?と思ってしまった感じです。

 

も~10年くらい若ければ、seyococogi腕時計アルミ製収納ケース購入しただろうな~と思った時間帯になりました。

 

「若い」って、1つの才能というか、色々な選択肢が広がる素晴らしい年代だよな~と思ってしまいました。

 

失敗しても取り返せる時間もありますしね。

 

ま~若いとお金がないのが1つのネックでしょうかね?

 

大丈夫!中年になってもお金はないので、未来は暗いですぞ!!

 

誰に想いを伝えたいのか良く分からんですが、更に候補に挙がったのがこちらの腕時計収納ケースになります!

 

シンコハンガー コレクタワーウォッチスタックについて

 

 

こちらは、シンコハンガー コレクタワーウォッチスタックになるのですが、この腕時計収納ケースは、まさに「見せる収納」にうってつけの商品になっております!

 

「コレクトタワー」と名前に付いてますので、「腕時計収納ケース」というよりは、「コレクションケース」の方が近いのかも知れません。

 

透明なプラスチックのケース内に5本の腕時計を収納できるので、お気に入りの腕時計を「インテリア」として飾ることが出来る優れものになります!

 

また、透明な収納ケースになりますので、「ソーラーバッテリー搭載」した時計の場合、勝手に充電されますので便利かなと思ってしまいました。

 

よっぽど暗所に長期間保管しなければ、充電切れの事態は避けれますが、「腕時計を見せる収納」したい方にお勧めなモデルになります!

 

結局、迷いに迷ってしまったのですが、なんだか腕時計ケースを眺めていると「ガチャガチャのケース」に何故か見えてしまい・・・。

 

見れば見るほど妙にチープ感が漂う時間帯になってしまい、結局購入までには至りませんでした。

 

記憶の片隅から「ガチャガチャ」が蘇らなければ、もしかしたら購入し、見せる収納で腕時計を飾っていたかも知れません!

 

見せる腕時計収納ケースを使ってみた感想について 

 

イギミの腕時計ケース木目が綺麗

 

こちらが購入したイギミの腕時計ケースになるのですが、思った以上に木目が綺麗で、重厚感ある収納ボックスに驚いてしまいました!

 

お値段的に、もっとチープな感じなんだろうな~と思っていただけに、良い意味で期待を裏切られてしまいました。

 

 

時計のベルトに挟むクッション綿が入った柔軟性のある物

 

時計のベルトに挟むクッションは、綿が入った柔軟性のある物になっております。

 

ベルトの大きさに合わせて、中に入っている綿を取り出すことで簡単に調整できますので、 時計やベルトを傷つける心配もありません。

 

ちなみに、時計の文字盤の裏側(腕に当たる部分)は、本来傷が付かない場所になります。

 

時計の裏側に傷が付いている方は、保管が悪い可能性があります。

 

よくあるのが、バックルの金属が時計の裏側に当たり知らないうちに傷が付いてしまうパターンが多いです。

 

そんな傷を腕時計に付けない為にも、柔らかいクションを使って保管する事が必要です。

 

 

重厚な蓋

 

重厚な蓋が勝手に閉まらないように調整されているので、「バタン!」と、力強く落ちてくる事はありません!

 

1つ1つの腕時計収納スペースも広いので、どんなタイプの腕時計でも綺麗に保管ができます!

 

試しに一番大きな腕時計を入れてみたいと思います!

 

GPS内蔵の腕時計イギミの腕時計ケース

 

登山の時に使っているGPS内蔵の腕時計になるのですが、横の大きさが5cm、厚みも5cmと、結構大きいモデルになります。

 

写真の通り、収納スペースに余裕もありますので、大径腕時計でも問題なく保管する子が出来ます!

 

これなら、大径なGショックも保管は大丈夫ですね!

 

腕時計の正しい保管の仕方について

 

腕時計の正しい保管の仕方って、分かっているようで実際は正解がよく分からない分野ですよね。

 

大手量販店の時計部門で働いていた経験ある友人から教わった時計の正しい保管の仕方について書いてみたいと思います!

 

時計には、主に「機械式」と「クオーツ式」の2種類がありますが、どちらも誤った保管の仕方をしてしまうと、寿命に大きく影響してしまいます。

 

特に機械式腕時計につきましては、シッカリ保管をし、オーバーフォールなどのメンテナンスをすれば、一生使えるアイテムですので、保管が駄目で壊してしまったら勿体無いですよね。

 

時計の保管で大事な事は、大きく5つを挙げる事が出来ます!

 

  • 温度
  • 湿度
  • 水分
  • 磁気

 

まず「光」が時計の保管に重要かと申しますと、直射日光に腕時計の文字盤が劣化してしまいます。

 

毎日使っていれば、日光の光を防ぐ事は出来ませんが、出来る限り文字盤に当たらないようにする工夫が必要です。

 

腕時計のモデルによっては、文字盤・長針・短針などに「蛍光塗料」が塗られている物もありますが、こちらも劣化はするものの、耐用年数が長いので、あまり気にしなくても大丈夫みたいです。

 

しかしながら、文字盤のインクなどは劣化しますので、やはり直射日光は避けるのがベターになります!

 

光を考慮しますと、「見せる腕時計の収納」は・・・・。

 

あまり窓の近くで「腕時計ケース」を置かない方が良いですね!

 

 温度・湿度・水分につきましては、腕時計の「カビ」や「サビ」の原因になります。

 

特にサビは腕時計の寿命を大きく削り取ってしまいますので、水分や汗には要注意になります。

 

個人的には、海での機械式腕時計の使用は避けるべきだと思っております。

 

また、自分の汗もサビやカビの原因になりますので、腕時計を使った後は、毎回セームクロスで拭くことをお勧めしております!

 

 

キョンセームクロスアップ
キョンセームクロスで道具のメンテナンス詳細

 

腕時計のベルトも含め、全てこちらのセームクロスで綺麗に拭き取れますのでお勧めです!

 

私は上記の「キョンセームクロス」を腕時計のメンテナンスで使っているのですが、こちらは使えば使うほど性能がアップするクロスになりますので、「育てる楽しさ」があったりします。

 

「キョン」は鹿の仲間になるのですが、手作りで作りもシッカリしていてお値段も手頃なので重宝しております!

 

最後に「磁気」なのですが、これが非常に厄介になります。

 

機械式腕時計の場合、磁気を帯びてしまうと誤作動を起こしてしまい、時差が生じてしまいます。

 

普段の生活で磁気に注意する場面は、こんな感じかと思います!

 

腕時計をパソコンの上に置かない

※PCから5cm前後離して作業する。スマホ・キーボード等の作業なら、腕から外さなくても大丈夫だそうです。

 

電子レンジ・冷蔵庫の近くに置かない

 

ドライヤーを持つ手に腕時計をつけない

 

磁石の近くに腕時計を置かない

※カバンなどの蓋を磁石で開け閉めするタイプは要注意です!

 

これくらい注意しておけば、腕時計の磁気帯対策になるかと思います!

 

まとめ

シンプルな腕時計ケースが欲しかったので、イギミの腕時計収納ケースを購入して大正解でした!

 

遠くから見ると「ティッシュペーパーボックス」に見えなくもないのですが、無駄のない、洗練されたデザインですので、どのようなタイプの部屋でも邪魔をせず溶け込むと思います!

 

あくまでも収納ケースですので、自己主張しすぎてしまうのはダメですよね!

 

所有する腕時計が増えてきたら、またイギミの腕時計収納ケースを買い足したいなと思っております!

 

 思った以上に良かったので、腕時計ケースを探している方おすすめなアテムでございます!